白斑の人たちに寄り添う人形。

色素細胞が何らかの原因で減少・消失することで、皮膚の色が白くなる「白斑」。Kay Balckさんは、そんな「まだら肌」の人形をつくり続けている。

「受け入れられている」
と感じてもらうために

Fe689a5093e88b859807c3060753f24367ba0002

この人形は、世界でもっとも美しい「まだら肌」と言われているモデル、ウィニー・ハーロウがモチーフとなっているのだとか。今こそ大活躍中の彼女だが、幼い頃は「牛」「シマウマ」などと同級生からいじめを受けていたとのこと。CNNのインタビューでは「いじめが酷すぎたので学校を辞めて、ホームスクールをしなければなりませんでした」と振り返っている。

だからこそ、Kayさんが作るこの人形は、同じように社会から受け入れてもらえていないと感じる人にとって一筋の光りとなるのではないだろうか。「受け入れてもらえている」という思いは、大きな安心感につながるはず。人形を持つことで、少しでもそう感じる人が増えたら、と願うばかりだ。

12fc6006ee4b8a7d6d2d352990a1417e1280867eAf50374703747fb6c109fcb77b83ccf65ab1443e

きらびやかな装いで、どの人形も個性が溢れている。服だけではなく、顔のつくりも一つひとつ違うのは、オーダーメイドだから。

彼女がInstagramに載せた写真には「素晴らしい」「ついに見つけたわ」「私も欲しい。いつオーダーできるの?」といった、温かいコメントが寄せられている。

Reference:CNN
Licensed material used with permission by Kay Black
この人形を作っているのは「Eyes of Things」というプロジェクトチーム。帽子についているカメラを使い、喋っている人の表情から8種類の感情を認識す...
音楽に全く興味がない人でも、その名前くらいは耳にしたことがあるでしょう。マイケル・ジャクソン。そう、“キング・オブ・ポップ”として「スリラー」「バッド」と...
チェコを訪れた際に人形劇やマリオネット専門店に並ぶ人形、それに職人たちの影響でマリオネットを作り始めたkinokosupa。一つひとつに名前をつけ、心を与...
ウィッグやマスク、球体関節の描かれたストッキングといった全身ドールスーツスタイルで活動する「着ぐるみドールモデル」橋本ルル。完全な人形でもなく、人間でもな...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
オーストラリアのSofiaは、幼い頃からお古の人形に囲まれて育ちました。壊れては直し、を繰り返し、そのたびに手入れをしながら、ひとつひとつを大切にしてきた...
人類史上最も成功したエンターテイナーと称された、マイケル・ジャクソンの写真や資料を集めた書籍は、これまでにも世界各国で、数多く出版されてきました。1992...
私たちは、色々な「違い」を持って生きています。ただその「個性」についての発言は、時に人を傷つけてしまうこともあります。たとえ、そのつもりはなくとも、です。...
ダウン症でありながらもモデルとなった17歳のJackの言葉が心に響く。決して容易ではない夢を叶えた彼は、ファッション業界に“新たなヒカリ”を見せる存在にな...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
人形と一緒に写真に写る男性ーー。ちょっと不思議な光景ですが、これにはかわいい理由と、それに応える愛がありました。彼の名前はTrent McCainさん。カ...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、“キング・...
マイクを持ってベッドに座っている女性。ですが、この人ただ者ではありません。動画開始後すぐにその凄さに気づくはず。声だけで楽曲を完璧に再現していきます…。彼...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
動画の男性が演奏しているのは、たった1本のアコースティックギター。しかし、見事にマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」をリズムからメロディまで完全...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
2017年4月22日、Instagramに1枚の写真が投稿された。
ごく普通の生活を送っていたAsh Soto(21)さんの細い首筋に、異変が現れたのは12歳の時。明らかに自分の肌の色よりも薄い斑点がそこにありました。
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
生まれながらの性は女。でもサムは、幼少期から男の子が興味を持つことに自分も興味を持っていた。けれど社会の女の子への見方を押し付けられて、なかなか本当の自分...