派手な人形を「ナチュラルメイク」に変身させる女性

オーストラリアのSofiaは、幼い頃からお古の人形に囲まれて育ちました。壊れては直し、を繰り返し、そのたびに手入れをしながら、ひとつひとつを大切にしてきたのです。

そんな彼女は、数年前に失業したとき、人形に関わる「あるプロジェクト」をスタートすることに。店先に並んだ売れ残りの中古の人形を見て、こう思い立ったのです。

「この子たちを生まれ変わらせて、また愛してもらえる人形にしよう」

と。

売れ残った人形でも
手仕事で新しい命を吹き込む

幼い頃から人形の手入れをしてきた彼女にとって、修理はお手の物。ときには欠けた脚を直し、髪をとかし、結い直すことも。

メイクもナチュラルにして
洋服も新しく

また、彼女の特徴は元の派手なメイクのプリントをとって、新たにもっとナチュラルな表情に描き直していること。

洋服は、編み物名人でもある彼女の母親のお手製。こうして、新しい命を吹き込まれた人形たちは、新しい持ち主を探すべく、売りに出されたのです。

Sofiaの人形はあっという間に話題になりました。様々なメディアで取り上げられ、今では新しい人形をFacebookにアップすると、数秒で売り切れてしまうほど。(Etsyはこちら)

あるがままの可愛らしさを
大切に

彼女の生み出す温かな雰囲気の人形たちは、リユースの大切さを教えてくれます。「過度なメイクが当たり前」ではなく、ナチュラルな表情で、あるがままのかわいらしさを持った人形だからこそ、人気を集めているそうです。

彼女の作った人形なら、きっと手にした子どもたちも大切に手入れをしながら使ってくれることでしょう。

Licensed material used with permission by Sonia Singh, Tree Change Dolls.
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
この人形を作っているのは「Eyes of Things」というプロジェクトチーム。帽子についているカメラを使い、喋っている人の表情から8種類の感情を認識す...
女性のありのままの美しさを引き出すことを得意とするフォトグラファー・花盛友里さん。そんな彼女の最新作となる写真集『寝起き女子 girls in the m...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
チェコを訪れた際に人形劇やマリオネット専門店に並ぶ人形、それに職人たちの影響でマリオネットを作り始めたkinokosupa。一つひとつに名前をつけ、心を与...
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
多くのメディアに取り上げられ、一躍脚光を浴びた白斑のモデル、ウィニー・ハーロウ。彼女にインスパイアされたというKay Blackさんは、白斑の人形を作った...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
最近、モテる女子のキーワードになっている「うさぎ系女子」。うさぎみたいにキュートでもふもふ・ふわふわとしたイメージを持つ女性を指す言葉であり、見ているだけ...
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
ウィッグやマスク、球体関節の描かれたストッキングといった全身ドールスーツスタイルで活動する「着ぐるみドールモデル」橋本ルル。完全な人形でもなく、人間でもな...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
女子と男子の間での「可愛い」の認識の違いは、よく耳にする話題のひとつですよね。たとえば、自分がすごく可愛いと思っている大切な女友達を男子に紹介したら、「期...