かつて、ここまでナチュラルなメッセンジャーバッグがあっただろうか

コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネン素材のメッセンジャーを発見した。

表情に似合わない、タフさ

āsumは、ブルックリン発のブランドで、気張らない「エフォートレス」なデザインが信条。トレンドに惑わされず、スローなスタイルを目指している。

このとおり、その表情はミニマルながら、リネン素材のドレープ感がいい。ひねられたような優雅さは、撮影用として特別に作られたものではなく、作りそのものがこういった表情になるような縫製になっている。

ハイエンドのファッションとはもちろん違うが、ハイテクとも逆を行く。その素材感こそ、āsumを立ち上げた設立者が、これまで培ってきたところだそう。

驚きなのは、リネンなのにウォータープルーフであること。ただナチュラルなファッションメッセンジャーなだけではなく、ピストでNYをクルージングしても様になる「タフさ」は兼ね備えている。

バックパックと、メッセンジャーの2wayで使用が可能。

この切り返しが、とてもスムーズ。

デザイナーは「プロジェクト・ランウェイ」出身

このリネンが生み出すドレープ感、マテリアルの質感は、まるで彫刻作品のようでもある。事実、āsumは、クラウドファンディングで「彫刻のようなバッグ」という売り込み文句をつかい、資金調達している。

デザイナーは、無名のファッションデザイナーを発掘するアメリカの有名番組「プロジェクト・ランウェイ」で活躍しているだけあって、トレンドに与することなく、今風のミニマルなデザインに仕上がっているのが魅力。

製造できる工場を探すのが非常に困難で、ロサンゼルスでは見つからず、たまたま家族旅行で行った香港でようやく発見。古くから欧米ブランドに関わるマニュファクチャラーと知り合ったのだとか。

白シャツレベルのキレイめカジュアルに、しっかり合いそうな洗練されたデザインは、使い勝手の良さも想像させてくれる。

Licensed material used with permission by asum
NYCから来日したメッセンジャー界のレジェンド、カート・ブーン氏に、メッセンジャーのリアルな日常や氏が生み出すアート、そしてメッセンジャーカルチャーとファ...
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...
4月19日「CHROME TOKYO HUB」にメッセンジャー界のレジェンド「カート・バーン」降臨! 4月20日からは人気ブランドのメッセンジャーバッグが...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
ドイツはベルリンの〈BAGJACK(バッグジャック)〉のCEO直々に特注して作ってもらったモデルです。頑丈で考え抜かれたパーツや仕様は語りつくせない魅力が...
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
「Craigslist」がこの世に生まれてから約24年。ついに公式アプリをローンチした。
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
11月下旬、環境省は昨年度の日本国内における温室効果ガスの排出量が「過去最少」だったと発表した。
一体何味なのか公表されないまま発売される「ミステリーオレオ」。フレーバーを当てた人のなかから抽選で5万ドルが当たるという夢のような企画。2019年今年のフ...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
メッセンジャーバッグのような形ですが、大きな違いはジャケットの下に身につけられる薄さと機能的な収納力。身につけるとこうなります。まるでガンホルダー。つまる...
「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payme...
正直、あまり期待せずに、“夏にプールやビーチでスマホ入れに使えそう”と思ってポチッてみたら、これがなかなか。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...