NYCを知り尽くした伝説のメッセンジャー「カート・ブーン」に直撃インタビュー

東京・原宿の「CHROME TOKYO HUB」にて開催のイベント「BEYOND THE SCENE」「MESSENGER MUSEUM」のためにNYCから来日した、メッセンジャー界のレジェンド、カート・ブーン氏に、メッセンジャーのリアルな日常や氏が生み出すアート、そしてメッセンジャーカルチャーとファッションについてインタビュー。

「重要だけど、重要じゃない仕事」
それがメッセンジャーなんです。

──簡単に自己紹介をお願いします。

 

カート・ブーンです。仕事はメッセンジャーと作家で、今、59歳です。

1978年にメッセンジャーをはじめて、何度か違う仕事に就いたりもしましたが、2001年からはフルタイムでずっとこの仕事をしています。

© 2019 SHINJI TANAKA

高校生のときは陸上競技の選手でした。100メートルと200メートル、あと400メートルを走っていて、メッセンジャーの会社が、NYCをものすごいスピードで駆け抜けられる人を探していることを知って、郵便配達の仕事をしていたお父さんの影響もあってパートタイムでメッセンジャーをはじめました。

コミッション(報酬)も魅力でした。

 

──コミッションはいくらでしたか?

 

1990年代で時給7ドル(700円前後)くらい。NYCの最低賃金の少し上くらいだと思います。

 

──カートさんはバイク(自転車)を使わず、徒歩や地下鉄を使って荷物を運ぶフットメッセンジャーとのことですが……。

 

NYCには、とても大きなメッセンジャーの需要があって、様々なクライアントがいます。ときには、200万円もするようなドレスを特定の場所に運んでほしいというような依頼もある。

クライアントは、ドレスを大切に扱ってほしいから、僕のようなフットメッセンジャーに依頼をする。NYCは地下鉄が発達しているから、それをうまく利用すれば、バイクを使う必要はないんです。

バイカー(※自転車を使うメッセンジャー)にはバイカーの、フットメッセンジャーにはフットメッセンジャーの得意な仕事があるんです。

自転車は好みじゃないけど、僕もバイクに乗ることはできます。でも、僕がなりたいのはバイカーではなく、フットメッセンジャーなんです。

それと、メッセンジャーの仕事は荷物を運ぶだけじゃないんです。

© 2019 SHINJI TANAKA

──と、いうと?

 

アプリケーションのプログラムのテストです。「eBay Now」「Uber」「Zipments」を開発している会社が、僕たちメッセンジャーを雇ってアプリケーションのテストをするんです。

でも、シリコンバレーを拠点にしている会社が想像できないほどの金額を費やして開発したものが、すべてうまくいくとは限らない。

世の中には、予想外の事態がたくさん転がっています。

それに対応できるのは──人間の勘や経験や技術も含めた、人間の力なんです。

 

──カートさんは、これまでに、そんな「人間の力」を感じさせる写真集を何冊も出版されていますね。

 

最新作は、今回「CHROME TOKYO HUB」のイベントに呼んでもらうきっかけにもなった『THE CULTURE OF MESSENGER BAGS』です。メッセンジャーを撮ったり、メッセンジャーコミュニティを撮影しています。あと、メッセンジャーバッグも。

メッセンジャーバッグは、それぞれがすごくカスタムされていて、それぞれがスタイルをもっています。すごくパーソナルな魅力に溢れているんです。

© 2019 SHINJI TANAKA

──写真集のテーマは?

 

『THE CULTURE OF MESSENGER BAGS』も含めて、これまでに7冊の写真集を出していますが、ほとんどがメッセンジャーという“仕事”にフォーカスしています。

仕事といっても、決して大きなお金を稼げる仕事ではないんですが……。

メッセンジャーは「重要だけど、重要じゃない仕事」です。

重要なのは、荷物をもっているときで、配達が終わったら、重要ではなくなる。

でも、僕はメッセンジャーという仕事が好きで、誇りをもっています。だから、メッセンジャーは特別なんだと伝えたいんです。

© 2019 SHINJI TANAKA

──メッセンジャーの仕事を辛く感じることは?

 

もちろんあります、28歳や29歳ではないから。

でも、まだまだできると思っています。しかも、僕は誰よりもNYCの道を知っています。目的の場所に、僕より早くたどり着けるフットメッセンジャーを、僕は知りません。

あ、僕たちメッセンジャーは大きな、すごく大きなオフィスで働いているんですよ? この意味がわかりますか?

 

──大きなオフィス……ですか?

 

ええ、答えは「ストリート」です。

 

──なるほど(笑) ちなみに、写真を撮りはじめたのはいつからですか?

 

10年くらいまえからです。

友人から「キミはメッセンジャーとして、普通の人が見ていないものをたくさん見ているから、きっと世界に一枚だけの写真が撮れるはずだ」っていわれたのがきっかけです、「下手かどうかなんて関係ない。撮り続けるんだ」って。

© 2019 SHINJI TANAKA

──カートさんの活動に代表されるような、メッセンジャーカルチャーとアートの関係性について教えてください。

 

メッセンジャーとアートの関係性は、僕の経験でしか語ることはできません。でも、メッセンジャーカルチャーとファッションは大きく関係していると思います。

まず、ファッションブランドとマーケターはヒップホップのアーティストに目をつけ、それからスケートボーダーに目をつけ、20年くらいまえにメッセンジャーに注目しました。

メッセンジャーは、多くの人の目に触れる仕事です。僕たちは、ストリートファッションのシーンにおけるインフルエンサーなんです。

 

──それでは最後に、メッセンジャーという仕事のなかで「最高の瞬間」と「最悪な瞬間」を教えてください。

 

まず「最悪な瞬間」は存在しません。この仕事が楽しいし、誇りをもっているからです。

「最高の瞬間」は、いろいろなことを知れて、いろいろな人に出会えたとき。だから僕はバイクは使わず、自分の足で一歩一歩を歩いて荷物を届けるんです。

NYCを自分のペースで味わいながら……。

「BEYOND THE SCENE」

【日時】2019年4月19日(金)19:00〜21:00

「MESSENGER MUSEUM」

【日時】2019年4月20日(土)〜4月30日(火)11:00〜20:00

【会場】ともに「CHROME TOKYO HUB」東京都渋谷区神宮前6-11-1 

Top image: © 2019 SHINJI TANAKA
他の記事を見る
4月19日「CHROME TOKYO HUB」にメッセンジャー界のレジェンド「カート・バーン」降臨! 4月20日からは人気ブランドのメッセンジャーバッグが...
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ドイツはベルリンの〈BAGJACK(バッグジャック)〉のCEO直々に特注して作ってもらったモデルです。頑丈で考え抜かれたパーツや仕様は語りつくせない魅力が...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
2016年2月、サンフランシスコとブルックリンのメッセンジャーたちは、いつもと違う“あるモノ”を運んでいた。「必ず1時間以内に届けよ」という使命のもと、彼...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
メッセンジャーバッグのような形ですが、大きな違いはジャケットの下に身につけられる薄さと機能的な収納力。身につけるとこうなります。まるでガンホルダー。つまる...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
あこがれの街。
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...