NYのタクシー運転手カレンダー、ユーモラスな写真を撮り続けた7年間に幕を閉じる

昨年末の記事でも紹介した、ユーモラスな写真が溢れる「NYC Taxi Drivers Calendar」。なんと残念ながら2020年版で最後となるそうだ。

最終版に選出されたユーモラスな姿を見せるタクシードライバーたちは、NYCらしく中国、ハイチ、コロンビア、ポーランドなど多国籍な12名。

このカレンダーのクリエイターである夫妻、Shannon KirkmanとPhilip Kirkmanは、「撮影の過程で出会ったタクシードライバーに夢中になり、彼らの歩んできた人生の物語から多くの学びを得た」と話している。

$14.99するカレンダーの売上収益の一部は、4万人以上の移民と勤労者家族にサービスを提供する支援団体「University Settlement」へ寄付金として送られ、役立てられることに。

カレンダーはこちらから購入可能で、国際発送にも対応しているとのこと。気になった方は、Instagramから過去の写真やオフショット、カレンダー以外のグッズなどの情報をのぞいてみてはいかがだろう。

©2019 Shannon Kirkman
©2019 Shannon Kirkman
©2019 Shannon Kirkman
©2019 Shannon Kirkman
©2019 Shannon Kirkman
©2019 Shannon Kirkman
Top image: © 2019 Shannon Kirkman
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...