NYのタクシー運転手カレンダー、ユーモラスな写真を撮り続けた7年間に幕を閉じる

昨年末の記事でも紹介した、ユーモラスな写真が溢れる「NYC Taxi Drivers Calendar」。なんと残念ながら2020年版で最後となるそうだ。

最終版に選出されたユーモラスな姿を見せるタクシードライバーたちは、NYCらしく中国、ハイチ、コロンビア、ポーランドなど多国籍な12名。

このカレンダーのクリエイターである夫妻、Shannon KirkmanとPhilip Kirkmanは、「撮影の過程で出会ったタクシードライバーに夢中になり、彼らの歩んできた人生の物語から多くの学びを得た」と話している。

$14.99するカレンダーの売上収益の一部は、4万人以上の移民と勤労者家族にサービスを提供する支援団体「University Settlement」へ寄付金として送られ、役立てられることに。

カレンダーはこちらから購入可能で、国際発送にも対応しているとのこと。気になった方は、Instagramから過去の写真やオフショット、カレンダー以外のグッズなどの情報をのぞいてみてはいかがだろう。

©2019 Shannon Kirkman
©2019 Shannon Kirkman
©2019 Shannon Kirkman
©2019 Shannon Kirkman
©2019 Shannon Kirkman
©2019 Shannon Kirkman
Top image: © 2019 Shannon Kirkman
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
気泡緩衝材の“プチプチ”を潰すのが楽しい!って人は注目です。「Bubble Calendar」は365日分のプチプチがついたカレンダー。日めくりの代わりに...
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...