ある田舎町で愛される「1人のタクシー運転手」。彼が365日休まない理由とは?

あるひとりの「タクシードライバー」が来たおかげで、この町の住人の生活は大きく変わりました。一体どんなことが起きたのか。そして、彼が休まずに働き続ける意外な理由。動画は必見です!

町のみんなに愛される
「タクシードライバー」

動画では彼の仕事の様子が紹介されています。バスや電車が廃線になったことで不便になった地域はたくさんありますが、この町もその例外ではありません。

まだ、朝もやにかすむ早朝の風景。畑仕事を始める夫婦や駅までパートナーを見送る女性の姿が。でも、どんなに早い時間でも彼は人々を目的地まで送り届けるために車を走らせます。

通学路には、無邪気に歩く子供たち。細い路地にはお年寄りの姿も見えますが、彼は町のみんなに愛され、信頼されているようです。

ときには外国人観光客を乗せることも。

プロフェッショナルである彼は、日本語が通じない相手とのコミュニケーションもお手のものです。

通院も便利になり、

クラブ活動の送り迎えや、

離れた場所にある畑にも。

町には人の数だけ生活があるのです。

突然の雨に足止めされることもあるかもしれません。

が、町のみんなを運ぶために、彼は休まず走り続けます。なぜなら…。

彼は全自動で走る「ロボットタクシー」だから。

無人車両で便利になる
人々の生活って?

自動運転する車の話題はもう珍しいものではないかもしれません。人間の運転よりも安全性が高くなり、渋滞緩和にもつながるなんて話もありますが、それ以上に生活が変わる人や地域があります。

「ロボットタクシー」のホームページによれば、スマホなどで場所を指定するだけで迎えに来てくれて、カメラで顔を認識しドアを開けてくれます。あとは車内に乗り込むだけ。目的地までの最短ルートを算出するだけではなく、気分や状況にあった道のりを提案してもくれるのだとか。動画で語られるセリフも、人々の生活への気遣いが感じられ印象的です。

「ぼくは毎日人を乗せて走っている。この町の朝は早い。何気ない出会いにこそ絆を感じる。みんなそれぞれの昼下がりを生きている。突然の夕立から始まる恋もある。1日はあっという間に過ぎていく。そして、今日も町がぼくを呼んでいる。誰かを迎えに行くときに走るこの道が好きだ。みんなの行きたいを支える、ぼくは『ロボットタクシー』」

東京オリンピックでお披露目?

実はこの動画、来る2020年に向けてサービスを開始するべく始動した国家戦略特区プロジェクト。もちろん人を乗せるだけでなく郵便物の配送など幅広い可能性を秘めています。

病院や介護施設の搬送に割く人員を削減することもでき、海外からきた観光客へ母国語で対応することも。今後、宮城県・神奈川県・愛知県でテストが予定されています。お目にかかる日も案外近いのかもしれませんね。乗ってみたい!

Licensed material used with permission by Robot Taxi

他の記事を見る
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
人生を変える、運命の選択。おそらく多くの方がこれまで、何度かそういった経験をしていることでしょう。そして、その結果はやはり誰にも分からないものです。だけど...
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
突然ですが、みなさんは親孝行をしているでしょうか?経営コンサルタントの小宮一慶さん曰く「タクシー運転手さんには、親孝行な方が多い」ということで、彼らと話を...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
「Inc Magazine」や「Quora」など、海外メディアでトップライターとして活躍しているニコラス・コールは、ある男性に出会ったことがきっかけで、文...