キャッシュを運ぶ
「ATMタクシー」

イノベーションアワードも受賞する今注目のフィンテックスタートアップ「Blink」。ここが仕掛ける画期的なサービスがある。

タクシーが人間ではなく現金を乗せて運ぶというもの。“目的地”となるのはキャッシュを必要とする利用者が待つ任意の場所。彼らは、専用アプリを使ってドライバーとやり取りをすることでお金を受け取る。

このサービスは、ボリビアの「ATM不足」による問題から生まれた。同国に設置されるATMの数は、10万人に対して40台ほどしかないと報じられている。

生活の利便性を高めるこのサービスがボリビアで広く普及すれば、同じような悩みを抱える国でも展開されるようになるかもしれない。

Reference: Adweek
Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
H&Mは1月22日〜27日の期間限定ではありましたが、タクシー配車サービスLyftと連携して、ニューヨークで古着回収を行いました。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...