月額タクシー「乗りホーダイ」なんていかがでしょう

知らない人同士が一台の車に乗り合わせる。世界の国々を旅すれば、こうした「乗合タクシー」は、電車やバスと同じように当たり前の交通手段。日本にもあるにはある。けれど山間部や早朝・深夜帯など、一部の地域、条件でのみ。

街にあふれる煌々とネオンを光らせたタクシーの数を見るにつけ普及は難しい?なんて思っていたところ、こんなニュースを見つました。安くて、楽チン、タクシーだってシェアする時代です。

Uberの相乗りサービス
月額定額料金でスタート

あの「Uber」が、同一方向に向かう利用客が乗合い乗車をする「UberPOOL」の定額サービスを試験的に開始したそうです。

配車リクエストの際に行き先を入力すると、Uberが同じ方角へと向かうユーザーを自動的にマッチングし、一台に複数人で同乗するこのサービス。相乗りのため、そこは多少時間がかかるものの、通常の配車に比べ約20〜50%割安となるんだそう。

マンハッタンなら、
月額100ドル乗り放題

実際UberPOOLは、すでにNY、サンフランシスコ、LA、ロンドン、上海など世界30都市以上で利用されていましたが、今回、10月からNYで試験導入されているのは、これの一律定額制。1ヶ月100ドル(約10,000円)で、マンハッタンの区画内を何度でも好きに移動できるというもの。すでに既存のユーザーだけでなく、新規顧客獲得にもつながっているとか。

ある程度距離の制限はあるものの、このサービスが日本でも浸透すれば、乗合いであっても「定額制のタクシー」が普及していく可能性もなくはない。金曜の夜、終電を逃した後に同じ方角へと向かうのに、わざわざ一台ずつタクシーを待つあのやるせなさから解放されるかもね。

Licensed material used with permission by Uber
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
1月6日、ラスベガスで開催されていた「CES 2020」にて「Uber」と「ヒュンダイ」が「エアタクシー」を共同開発することを発表。
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
H&Mは1月22日〜27日の期間限定ではありましたが、タクシー配車サービスLyftと連携して、ニューヨークで古着回収を行いました。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
人口に対してATMの台数が少ないボリビアで展開されるサービスがある。タクシーが人間ではなく現金を乗せて運ぶというもの。“目的地”となるのはキャッシュを必要...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
もうタクシーは単なる移動手段じゃないんです!例えば、アプリでタクシーを呼べるアプリ「Uber」はすでに45カ国で展開されているサービスですが、今「エンタメ...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
見ず知らずの人たちと同じ目的地、同じ方角に向かい、お得に相乗りできるライドシェア「UberPool」。移動手段のオプションとして、世界各地で相乗りサービス...
「空飛ぶタクシー」の実用化に向け、先日、「Volocopter」が専用ターミナルをシンガポールに建設すると発表。ターミナルの完成は今年の後半を予定していて...