NYのニューススタンドは、カラフルだけど、ちょっと寂しげだった。

ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンドなんかの写真を撮っているのかが、気になった。

そこで、撮影をしたフォトグラファーNei Valente氏に、聞いてみた。以下は彼が語ってくれた内容をまとめたもの。ニューススタンドの写真の奥には、いろいろな背景があることがよくわかる。

変わりゆく、いつもの風景

「これは、僕が住んでいるニューヨークにあるニューススタンドを撮ったものなんだ。雑誌や新聞を売っているニューススタンドは、1950年代にはNYだけでも1,500以上あって、人々にとってはとても身近な存在だった。

でもデジタルデバイスの普及が、すべてを変えた。人々はスマートフォンでニュースを見るようになって、ニューススタンドの数は今では300くらいにまで減ってしまったと言われているんだ」

「写真を見てもらえれば分かる通り、大抵こうしたニューススタンドにいるのは、移民の人たちだ。彼らにとって、こういった小売店は生計を立てるための大切な存在だった。でもその数は劇的に減ってしまっている」

「売っているものも、50年前とは全然違う。その名の通り、昔はニュース、つまり新聞や雑誌を売っていた。でも今ではほとんどお菓子屋さんみたいになっているところが多い。

それに皮肉なことだけど、バッテリーのようなデジタルデバイスのためのアクセサリーも売っているんだ」

「写真を見ていて
初めて気がつくこともある」

「僕は街が好きだ。そして、そこに住む人も好きだ。だからこうして、外に出て人々の暮らしをもっと撮りたい。みんなが何をしていて、これからどうしていくのか。写真を見ていて初めて気づくことがあるんだ。このプロジェクト以外にも、いろいろな写真をこれからも撮り続けていきたいと思う。

かつては情報の宝庫であり、街の文化のひとつでもあった「ニューススタンド」。デジタル化が進むなかで変化し、一つひとつに個性が光るのも、この淘汰によって形作られたものなのかもしれない。

「だからこそ」なのか、店員たちの表情にも深みを感じざるを得ない。

街の変化は面白いし、時代が街を変えることもあるのだ。

Licensed material used with permission by neivalente
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
アメリカに暮らすHilde Kate Lysiakの趣味は、ジャーナリストとしてニュースを報道すること。彼女は、地元で新聞を刊行し、ニュースメディア「Or...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
アメリカンピザ発祥の地NYには、各ブロック各コーナーにそれこそ星の数ほどのピザジョイント(いわゆるピザスタンド)がある。ラーメンブームに沸くとはいえ、そこ...
最新のApple Watchを置くレトロな充電スタンド「Elago W3 Stand」が話題になっています。アメリカのAmazonでは2日間で5,000個...
私がNYに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎町で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。背の高いビルに囲まれ...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
僕は、毎朝バタバタと準備をしてしまうタイプ。というのも、アラームを止めてからもついつい二度寝をしてしまうことが多いから。気付いた時には、急いで準備をしなき...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
画像検索をしたキャラクターと風景や人を組み合わせるLes Photos De Francoisの写真。キッカケは、ジョークのつもりで友人の子どもと画像を合...
ここで紹介するのは、スマホで写真を撮るときの悩みを解決してくれるアイテム。カードタイプで財布に忍ばせておけるので、カンタンに綺麗な夜景を撮影することもでき...