ちょっと寂しげで、ちょっとホッとする。Yota Yoshidaが撮る「東京」

“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。

東京在住のフォトグラファー、Yota Yoshidaさんの「From Somewhere, To Elsewhere」は、都市郊外の日常を切り取ったシリーズ。普段は目に留めないような、それこそ写真で抑えようとも思わないような風景かもしれませんが、どこか寂しげで、思わず見入ってしまいました。

46ad75a1f823bb99039ea7a8c750d1ec98cb8e3b

海外の人からすると、東京はきらびやかなイメージが強いのかもしれません。でもYotaさんの写真から見えてくるのは、生々しい孤独や思わず口角が緩んでしまいそうな愛すべき瞬間。そして、これらの作品は「Vice」のCreators Projectや、「南ドイツ新聞(Süddeutsche Zeitung)」などでも紹介され、海外メディアでも数多くシェアされました。

F5bda4099a9c9302469309a73e6ba204d6d9037a

普段から街中で写真を撮っていて、自らのことを「あらかじめ何か目標を定めて写真を撮るようなタイプではない」と語ります。

それは、今回のプロジェクトも同様。

「こういうものを作ろう」と構想を練ってから撮り始めたものではなく、それまでに撮ってきた時間も場所も異なる写真から、共通点のあるものを集め、ひとつの物語を見出したのだそう。

Afbfc70ce4ccd846c2944ea4d5326844a21098ad

「写っている人や物」「写真を選んでいる私」そして「この写真を見ているあなた」は、それぞれ別の瞬間に存在しています。表面的には移動をテーマにした構成にはなっていますが、「彼ら」や「私」と同じ線の上に「あなた」が立っていると思って見ていただければと思います。"To Elsewhere"にいる鑑賞者の機微に、少しでも触れるような何かが届けば嬉しいです。

見慣れた写真とはまた違った魅力を持つYotaさんの写真は、ウェブサイトInstagramでも見ることができます。

7f764a1eb3a52808d52a0ed5ad8abcf0ad17fa1dA863baf30c79f135055bd0db8ea87dd7b7330bc1Df9ec82418c6faa0e81d0b2abf4f2621e26c303a882ccea81107e8f11eff2e8ba242b67c1a8057826a5ce1b89528d33d7b32d23e8903da7d412eb1b8C2a7f7515e37e12cf4bb6fdb00117401dc23dcb4490cdf55eaef3432bfa5804c5d2f326cfb761a5d976e1b34e1391e20ebc1e2bbda33fb8fe7e8c8e7206add7ab1d74e523f8ad5e8811bd5f37aa9dfec8d4b79f4c2c25544488ba533fbee38e06979629e008b036ccd227d318f077e5c18c3cb8cd51c54d8E43faabf42aa731259e22592dc82b4b34250b3fdCc7ef7fc2a06f1792bf9ca216e06975f3487fe08A2bab47f97f61ee6d3abbb615c92c84d0426a3f1C9dc1beb7c723bdf76c58b9f83f794acdc9a0aa3A8c2c4303a603f9a9b90bb99df3dd9c1b7b75c8c235002679cf18a79251b62529aa4e4aedaec49b9
Licensed material used with permission by Yota Yoshida, (Instagram)
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
東京ミッドタウンで開催されたFIS TOKYOのオープニングトークセッション。ゲルフリート・ストッカー(アルスエレクトロニカ)、山中俊治(東京大学生産技術...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...