「雨の日の憂鬱」が、たまらなく愛しく感じる。

もし、イタリアに行くことがあるのなら晴れの日だけではなく、雨が降っている時に訪れたいと思えたAlessio Trerotoliの写真。

せっかく海外旅行、空が青々と晴れていた方が景色を楽しめるに決まってる。けれど彼の作品を見ていると、イタリアの街並みのなか、“雨の日の憂鬱”に浸ってみるのも悪くないなって。心からそう感じたんだ。

記憶に残るのは「潤う」街並み

イタリア出身のAlessioは、比較的降雨量の少ないローマに住んでいた頃、雨で潤う街並みが特別に見えていた。景色だけではなく、物悲しい感情でさえ大切な「思い出」なんだそう。

彼の写真を見たあとは、大嫌いだった雨がちょっと愛しく感じられる。

Licensed material used with permission by Alessio Trerotoli(Facebook), (Instagram)
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
木の枝にかけられたネットに5000個もの小袋が取り付けられ、雨が降ると小袋に雨水が溜まる「Reservoir」。イタリアのオープンエアミュージアムに設置さ...
外出自粛の運動不足を解消!自宅で1日3分で出来る「お腹痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeな...
憂鬱になりがちな雨の日。傘を持ち歩くのは面倒だし、視界も悪いし濡れちゃうし…。でもちょっと目線を変えてみてください。そこには、雨の日にしか見られない世界が...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
2月12日、「コロンビア」が、最新の防湿透湿テクノロジー「OUTDRY EXTREME」のプロモーションとして、100人が雨について語っている特設サイト「...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
ヨーロッパの486,713地点からローマへの道のりを示したマップが公開。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
家を出るときに雨が降っていたら、なんだか憂鬱になってしまうもの。傘をさす手間が増える、お気に入りの服が濡れる、何より心までどんより…。そうやって、いつしか...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
天気や湿度によって、ガラスの中の結晶が変化します。
イタリアのアルベルト・ボニソーリ文化財・文化活動相が、古代ローマ遺跡カラカラ浴場付近に出店が計画されていた「マクドナルド」の建設を禁止すると発表。
「NPO法人ミュージックフェスティバル協会」の呼びかけではじまったクラウドファンディング「フェス救済ファンド2020春」。音楽好きたちの支援の輪が広がっている。
今回は3月16日にオープンしたばかりの「Banh mi Tokyo」。バインミー専門店のこちらのお店のパンは米粉100%を使ったグルテンフリー!化学調味料...
Twitterのタイムラインに大阪で台風の日に撮られた一枚の写真が流れてきた。雨という嫌な感情が吹き飛ぶくらい、その写真は綺麗だった。その写真を撮ったNA...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
気分が沈みがちな雨の日に、心だけでも“晴れ晴れ”とーー。コレは、そんな願いが込められた特別な傘「Colour Changing Umbrella」。一見す...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
夢の中に出てくる雨は、現実とは少し違う意味を持ちます。シチュエーションも含めて、詳しく解説していきましょう。雨の夢に秘められたメッセージとは・しとしと雨が...
蛇口をひねれば水が出ることに慣れてしまっている私たちは、その循環を体感することなんてそうそうない。というより、その必要もなくなってきていると言えるかも。で...