雨の日でも、1年中楽しめる沖縄のアクティビティがこちらです

沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もあるし、「思ってたのと違う!」なんてことも。

だからこそ、雨でも楽しめるプラン(とくにアクティビティ)をチェックしておきましょう。

【森のアクティビティ】
フォレストアドベンチャー
IN 恩納

まずこちら。沖縄の森が満喫できる「フォレストアドベンチャー IN 恩納」です。

森が満喫できるとは言っても、そこは日本最南端にあるだけあって、エメラルドグリーンの東シナ海を見下ろしながら空中遊泳が楽しめます。

滑車で滑るジップスライドは8本もあり、最大滑降距離120m、最大地上高は30m。最初はその迫力にちょっと腰が引けますが、慣れてきたら気分は爽快。「Yeahhhhhhhh!」と叫びながら滑りまくる外国人観光客の気持ちも徐々に分かるようになります。

そして何より嬉しいのが、多少の雨ならカッパや防寒具を準備すれば十分に楽しめるということ。沖縄に行って「さすがに雨の日に海は微妙だしなぁ…どうしよう…」と悩んだ経験がある人も多いはず。滞在中、あまり天気が優れない日の予定にぜひ。

天気がイマイチの日でも!
オーシャンビューで「空中散歩」

慣れって怖いものです。

初めは「え、この高さから? ホントに大丈夫?」という感じですが、勇気を持って一歩踏み出せば、最高のロケーションで沖縄の自然を満喫できます。

最初に、スタッフの方が丁寧にハーネスの説明をしてくれます。

練習用のコースで試してから本コースへ行くので、運動音痴なあなたも、ハーネス系に音痴なあなたも、大丈夫。

とはいえ、本コースまでインストラクターが同行してくれるわけではないので、自分の身は自分で守るのが大前提です。しっかり教わった通りの安全確保をしながら進むべし。

もちろん、ジップスライドの滑走以外にも、ボルダリングやターザンスイング(これがバンジージャンプみたいでかなり勇気がいる)などもあり、本格的なアドベンチャーが楽しめます。

コースの所要時間は、約120分が目安です。

友だち同士で来ても楽しいし、家族連れも多い印象でした。子どもに、「自分の身をしっかり守ること、大自然を感じながら遊ぶこと」を体験してもらうには最高ですね。

フォレストアドベンチャー IN 恩納」 

住所:沖縄県国頭郡恩納村字真栄田1525
TEL:090-4739-9140
通常料金(アドベンチャーコース):
子ども(〜17歳)3,000円、大人(18歳以上)3,800円
※8名以上で団体割引あり
アドベンチャーコース:小学4年生以上、もしくは身長140cm以上。体重130kgまで。

【海のアクティビティ】
Royal Hotel 沖縄残波岬

次はこちら。オールシーズン通してたくさんのマリンアクティビティができる、読谷村の「Royal Hotel 沖縄残波岬」

すぐ裏手に残波ビーチがあり、5分もかからないくらいでホテルから歩いていけるので、家族連れの方には「子どもがグズったらすぐ部屋に戻れる」というメリットもあります。

ホテル名にもなっている「残波岬」は車で2分ほど。30mほどの断崖2kmに渡って続く景色は圧巻で、きれいなサンセットも見られます。ちなみにここは、ダイビングスポットとしても有名です。

もちろん、リゾートアイランドらしい夏の青い海と白い砂浜を楽しむのもいいんですが、通年遊べるアクティビティが多いのもいいんです。

平均海水温22〜24度で
1年中楽しめるマリンアクティビティ

1年中受付けをしているマリンアクティビティも充実していますし、寒いときは無料でウェットスーツを貸してもらえるそうです。

ちなみに、通年楽しめるのが…

・シュノーケリング(要予約)
・フライボード(要予約)
・ダイビング(要予約)
・グラスボート
・ドラゴンボート
・マリンジェット
・ウェイクボード
・Uチューブ
・アクアバイク
・スタンドアップ パドルボード
・カヌー

などなど。これでもまだ一部なんです!

ひどい雨や雷、高波などでもない限り中止にはならないので、少しくらいの雨なら十分遊べます。(※メンテナンスなどによる変更の可能性あり)

たとえベストシーズンに行けなくても、滞在時が雨になってしまっても、この選択肢さえ持っておけば沖縄の海を満喫できそうですね。

「ざんぱビーチ」の遊泳期間は、4/1〜10/31まで。11/1〜3/31は海水浴はできないので、ご注意を。

「天気が悪い日でも楽しめる」というテーマに合わせてか、この日もサンセットのタイミングで雲が出てきてしまう結果に(笑)。

それでも、雲に反射するオレンジの光が幻想的で、しばらくSUPが楽しめました。

Royal Hotel 沖縄残波岬

住所:沖縄県中頭郡読谷村字宇座1575
TEL:098-958-5000(1Fレジャーデスク 受付時間 8:00~17:30)
体験できるマリンアクティビティ:ダイビング、シュノーケリング、フライボード、カヤック、カヌー、グラスボート、ドラゴンボート、アクアバイク、ウェイクボード、マリンジェット、SUP、ビーチバレー、etc。
各アクティビティ:別途料金設定あり

Photo by JAPAN LOCAL
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
沖縄県 > 南城市沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素と...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...