雨の日が楽しくなる!濡れると絵が浮き出てくるアート「Rainworks」

なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリートアート。雨で濡れた地面から、色々なデザインが浮かび上がりますーー。

たとえば、こんな風に!

“アートの力”で
雨の日でも元気に!

5a5cce649dca25449c723c28d46d345051578ba9

あら不思議!水に濡れると、何も描かれていない地面からイラストが浮かび上がりました。

10c207c724107fe71c001ed5f15f845d2e36d0c0

仕組みはこう。好きなかたちでデザインしたステンシルを地面に置いて、上から撥水スプレーをかけます。すると、雨に濡れた地面は変色しますが、撥水コーティングされた部分は水をはじき返して白い状態のまま。そのコントラストにより上のような作品が浮かび上がるというわけです。

464fcc3c7e7adfc3eca3284b659750e0dedb06ea

ちなみに、この撥水スプレーは、自然に分解される無害なものだそうなのでご安心を。

3e30c93f80fae8740ad99d155f8df4a93b8cefe202f3ad7645584294fdd024eeead1be8381d5341fC19125abae2b7c11d3f00feb3120a83f2c237563Bc117180ae3ef67a727b99c0f990079c3ed31009

浮かび上がるメッセージはどれもがポジティブなもの。心がほっこりしそう!

C7e46a1dbbde9b5e4e2e0018acd1f429da9e0ca732cc2242d3432e7b9412dddeebc3dce290a2b8a6153fc284af91f3f3e4b039935dd615f9a06f132f0e36c9ae5bea9507a784b9bb8fe765e96b5aca45

これらの作品は、ペレグリン・チャーチ氏を中心とするアート集団が生み出したもの。彼らは作品にこんなメッセージを込めているようです。

「僕たちはレインワークスを、雨の日を楽しむキッカケにしたいんだ。これから雨が降ると言われたときに、なぜそれを楽しもうとしないんだい?」

「Rainworks」のおかげで、シアトルの人たちは雨の日を待ち望んでいるかもしれませんね!

Licensed material used with permission by The Rainworks Team
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...