雨の日が楽しくなる!濡れると絵が浮き出てくるアート「Rainworks」

なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリートアート。雨で濡れた地面から、色々なデザインが浮かび上がりますーー。

たとえば、こんな風に!

“アートの力”で
雨の日でも元気に!

あら不思議!水に濡れると、何も描かれていない地面からイラストが浮かび上がりました。

仕組みはこう。好きなかたちでデザインしたステンシルを地面に置いて、上から撥水スプレーをかけます。すると、雨に濡れた地面は変色しますが、撥水コーティングされた部分は水をはじき返して白い状態のまま。そのコントラストにより上のような作品が浮かび上がるというわけです。

ちなみに、この撥水スプレーは、自然に分解される無害なものだそうなのでご安心を。

浮かび上がるメッセージはどれもがポジティブなもの。心がほっこりしそう!

これらの作品は、ペレグリン・チャーチ氏を中心とするアート集団が生み出したもの。彼らは作品にこんなメッセージを込めているようです。

「僕たちはレインワークスを、雨の日を楽しむキッカケにしたいんだ。これから雨が降ると言われたときに、なぜそれを楽しもうとしないんだい?」

「Rainworks」のおかげで、シアトルの人たちは雨の日を待ち望んでいるかもしれませんね!

Licensed material used with permission by The Rainworks Team
他の記事を見る
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、破格の調達金を得たトラベルアイテム。その名も「CleanseBot」。集めた額は、なんと約1億700...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
2月9日。ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷のクラブ「WOMB」は、バレンタインデーに先がけたスペシャルイベントを開催。そこ...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...