Instagramで他の人と被りたくない人用の「ストリートアート」を紹介

日常生活ではあまり馴染みがないストリートアート。でも、旅先では、そのカラフルさや写真映えするビジュアルに惹かれて撮影をし、ネットでシェアする人も少なくないはず。

となると、SNSを多用するミレニアル世代の人たちは、ある意味ストリートアートに目が肥えているとも言えるのでは?もし、あなたがこれを読んでそうだと感じるなら、これから紹介するストリートアートを見て、どこの街か当ててみて!

わかりましたか?答えは、ニュージーランドのクライストチャーチです。

さて、続いて以下の作品も紹介。どこでしょう?

こちらは、同じくニュージーランドにあるダニーデンという街でした。

ちなみに、冒頭で紹介したクライストチャーチのストリートアートの多くは、2011年に起きた地震の後に描かれていて、一部が倒壊し未だ立入禁止となっている大聖堂に変わり、街の人々や観光客を惹きつけています。まだ復興途中の街中を、彩る役目も果たしています。

どちらの街のストリートアートも直接見てきましたが、個人的には、ダニーデンの方が好きです。裏路地やふとした場所に描かれていることが多く、驚きとワクワク感があるから。

みなさんも、旅先で見つけた忘れられないストリートアートがあれば、「#tabilabomural」でシェアしてみてください!

Licensed material used with permission by Mikako Kozai

関連する記事

世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
食とアートを融合したライフスタイルを提案する体験型レストラン「TREE by NAKED」より、アートミール体験ギフトが登場。ARやVRを使い、自宅でも「...
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
ニュージーランド、クライストチャーチにある植物園には、毎朝こんなにフレッシュな光景が。
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
10月24日、25日の2日間、パリの美術館「グラン・パレ」を舞台にした宝探し「WANTED!(ウォンテッド!)」が開催される。入場料も参加費も無料なのに、...
ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...
7月10日の深夜0:00から、東京・品川の「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展」は、国内外アーティストの作品を“盗める”アート展。セキュリテ...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
大人もおうちで新たな趣味の時間を過ごせる2冊『おとなのアート塗り絵6 世界の名画 印象派の巨匠たちII』と『自律神経を整えるスクラッチアート 美しいレース...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
注目を集めるAIロボット「ソフィア」が、今度は話題のNFTアートのシーンでもその名をとどろかせた。なんと「ソフィア」が制作したデジタルアートがオークション...