インスタで他の人と被りたくない人用の「ストリートアート」を紹介

日常生活ではあまり馴染みがないストリートアート。でも、旅先では、そのカラフルさや写真映えするビジュアルに惹かれて撮影をし、ネットでシェアする人も少なくないはず。

となると、SNSを多用するミレニアル世代の人たちは、ある意味ストリートアートに目が肥えているとも言えるのでは?もし、あなたがこれを読んでそうだと感じるなら、これから紹介するストリートアートを見て、どこの街か当ててみて!

52901938294947846488328744468480641609373633740859049615902638085795253361573888

わかりましたか?答えは、ニュージーランドのクライストチャーチです。

さて、続いて以下の作品も紹介。どこでしょう?

523087882118758465549866369024006435790288584704477164749612646458972885305262085877806659534848

こちらは、同じくニュージーランドにあるダニーデンという街でした。

ちなみに、冒頭で紹介したクライストチャーチのストリートアートの多くは、2011年に起きた地震の後に描かれていて、一部が倒壊し未だ立入禁止となっている大聖堂に変わり、街の人々や観光客を惹きつけています。まだ復興途中の街中を、彩る役目も果たしています。

どちらの街のストリートアートも直接見てきましたが、個人的には、ダニーデンの方が好きです。裏路地やふとした場所に描かれていることが多く、驚きとワクワク感があるから。

みなさんも、旅先で見つけた忘れられないストリートアートがあれば、「#tabilabomural」でシェアしてみてください!

Licensed material used with permission by Mikako Kozai
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
めがねの街・福井県鯖江市の株式会社キッソオのロングセラー「鯖江ミミカキ」。2013年にグッドデザイン賞を受賞したこの耳かきは、鯖江の町工場だからこそ生み出...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
ニュージーランド、クライストチャーチにある植物園には、毎朝こんなにフレッシュな光景が。
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...