「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)

単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?
しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。以下を見ればその理由が分かるはず。

建物の形状や、そこにある「モノ」とシンクロ!

そう、リトアニア出身のアーティストErnest Zacharevicが描くのは、建物の形状やそこにある「モノ」と上手くシンクロするように計算された作品。リアルに存在しているリヤカーとオランウータンが見事に融合していますよね。

海に捨てられたゴミすらも、彼にとっては作品の一部。

Photo by Ignas Falkauskas

お見事。

Photo by Maciej Krüger

彼の作品は、母国リトアニアにとどまることなく、ヨーロッパ各国、アメリカ、マレーシアなどに点在している模様。もっと見てみたい!という人はHPをチェックしてみて。

Licensed material used with permission by ERNEST ZACHAREVIC
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のStrap Mocです。