街に溶け込む!?「鳥の巣箱」のストリートアート

「鳥の巣箱を使ったストリートアート」と聞いて、どのようなものを想像しますか?いまいちピンとこないのが正直なところではないでしょうか。

デンマーク・コペンハーゲンに拠点を置くアーティストThomas Damboさんは、鳥の巣箱を使って見る人にわくわくさせるような作品を、いくつもつくり上げたアーティスト。まさかこんなところに?!なものもありますよ。

こちらは2012年、コペンハーゲンで公開された“壁画”。青く塗られたレンガにカラフルな鳥の巣箱がよく映えています。中から鳥が飛んできそう!

壁や標識の色合いに合わせてつくられたこれらの作品。楽しみ方として隠れた巣箱を探す感覚もおもしろい。場所は不明ですが、様々な街の景観によく溶け込んでいます。

WEBサイトには他にも、セブンイレブンの入り口にさりげなく設置されているものがあったり、作品が多数公開されています。

最後に、2012年にベイルートの雑居ビルの裏に登場した作品を紹介。ポップでカラフルな鳥の巣箱が、殺風景だった空間にアクセントを加え、色彩が特徴的な空間に仕上げました。
 
Thomasさんは、他にも独自性溢れる作品をインスタグラムでも公開。気になる人は覗いてみるといいかもしれません。
Top image: © Thomas Dambo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1990年前後に生まれたミレニアルズ陶芸家3人によるグループ展「仮想世代陶芸 Virtual generation pottery」
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...