スラム街を救ったのは、街中の壁に描かれたカラフルなアートだった!

街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象は感じられないかもしれません。

街中の壁を
カラフルに染めよう

2f44a2f883cb57faebd725559b2dcfd53818e6a6

この街は、かつてギャング同士の抗争が絶えず荒廃していました。そこで、犯罪や暴力を撲滅するキャンペーンの一環として、メキシコ政府がストリートアーティスト集団「GERMEN crew」と共同で行ったのが、街全体を「絵画」にしてしまおうという大胆な計画でした。

彼らはまず、地域に働きかけ、209軒ある家々からOKをもらって壁を真っ白に塗っていきました。そして、それからカラフルなペイントを施していき、「虹」を描いたのです。その面積は、なんと2万平方メートル!

プロジェクトは現在も進行中!

Dbb026dc5bd8626b82eb56bc799fe7b0c531dfb9D30ef8d5f221d0df84407f0495313b53ac406b0dB55f1447fd4a7c336282d26054af177df67c5a8f

地元の子どもや若者を巻き込んで勧められたプロジェクトということもあり、対立していたギャング同士も、共に作業に参加するようになりました。そして、暴力が徐々になくなり、新たな雇用が生まれるなど、素晴らしい効果が続々と現れ始めたのです!

これには住民たちも鼻が高かった模様。今は絵の教室などを開きながら、何らかの形でプロジェクトが進められているそう。

そのほか、リオデジャネイロのスラム街でも街全体をキャンバスに見立てて絵を描き、地域を活性化させたアーティスト「HAAS & HAHN」が話題になりました。アートは世界的な注目を集める新たな「町おこし」のツールとして認知されはじめているようですね。

Licensed material used with permission by Germen Nuevo Muralismo Mexicano
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作。アーティストたちが描くのではなく、プロ...
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
マイアミの街に現れた、フォトジェニックな壁画。万華鏡のように、カラフルでポップではあるけれど、なんだか少し毒々しさも感じてしまう。ずっと見ていると、目が痛...
Vhilsのグラフィティは、壁にペンキやスプレーで色を塗って描かれているのではない。火薬で「爆破」して描いているんだ。すべてのグラフィティが、爆破によって...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。目的地では...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令...
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
ガーナ人のNeequaye Dreph Dsaneさんは、イギリスの街に絵を描き続けている。モデルは全員親友。それぞれの信念を持ち、社会的活動にはげむ人たち。
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
先日のあるニュースによれば、この貧困街で麻薬組織と警察の銃撃戦が発生したらしい。治安を改善するために必要なアクションは、何なのだろうか。