スラム街の子どもたちを「スナック菓子」で救う方法って?

フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。
content_e383a420e2cea8d61ad0c3bd9b47ce83bc373a4f約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令によって、1時間半ほど離れた農村地区に移住してきた。だが新たな問題に直面しているという。

ほとんどの子どもたちが
栄養失調に悩まされている

以前とは違い、住む環境はよくなった。とはいえ、廃品回収して生計を立てる貧民(スカベンジャー)だった彼らは、農村に来ても仕事がなく、生活の苦しさに拍車がかかるばかり。飢餓や栄養失調に陥るという問題を抱えている。

ゴミに囲まれて暮らしてきた彼らは、もともと野菜を食べる習慣がない。そのため、バランスのとれた食事の重要性を理解している人は皆無だという。

content_7f4aa6a5d54bb24dd8bc1e38e2b9a407757ce322 (1)栄養失調の兆候がよくみられるのは成長期の子どもの身長。例えばフィリピンの12歳の子の平均身長は155cmだが、126cmしか身長がない女の子がこの居住区にいる。平均身長でも144cmと基準を大きく下回っている。

この状況をなんとかしようと立ち上がったのが、NPO法人カマルフリーダ代表の西村祐子さん。開発途上国の人々に経済的な自立を促すための手助けをしている。

「野菜」で収入源を作り
負のスパイラルを断ち切る

content_bc6218e4564366a1f93a13285f2006d131837057まず着目したのが、家庭菜園。日常的に野菜を食べることで、栄養補給できるのではないか、と考えたという。だが、目標はそれだけではない。

「収穫した野菜の何割かをスナック菓子として加工・販売することで現金収入が得られます。生活が成り立たず、また元のスラム街暮らしに戻ってしまうといった、負の連鎖を断ち切ることができるのです」と、西村さんは語る。

400〜500世帯を対象に
野菜の栽培とスナックづくりを指導

content_317d9f3025a810ec67ac2e73d434c58e27b4e0f0 ただ、「野菜を作ろう!」といっても、彼らには野菜を作る知識はゼロ。カマルフリーダのメンバーが中心となって、まずは400~500世帯を対象に指導を進める。

このプロジェクトを成功させるには、「いかに家族全員を巻き込むか」がポイントになる。例えば自分の子どもが野菜作りに関わると、親も家庭菜園に興味を持ち始める。それをきっかけに、野菜の育て方や土壌や、有機肥料とそれに適した野菜は何なのかまで詳しく教えていくという。

スナックは、野菜をはじめ、新鮮なバナナやパパイヤ、マンゴーで作る。半年間で、スナックづくりを覚えてもらい、各家庭が自立して稼いでいける第一歩を踏み出す流れを作っていく。

現在、このプロジェクトを進めるための資金をクラウドファウンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで募っています。ぜひ協力をお願いしたい。

コンテンツ提供元:READYFOR

"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
人気ジャーナリスト丸山ゴンザレスと写真家伊藤大輔によるトークショーの一部始終。
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
先日のあるニュースによれば、この貧困街で麻薬組織と警察の銃撃戦が発生したらしい。治安を改善するために必要なアクションは、何なのだろうか。
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
フィリピンは地球温暖化に歯止めをかけるため、斬新な法律を制定することに。うまくいけば、たくさんの木が植えられることになります。学校を卒業する際、生徒や学生...
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
「6curry」と「LEBECCA boutique」のコラボワンピース第二弾がお目見え。ジェンダーフリーに誰もが身に纏えるよう、レディースサイズとユニセ...
「横浜中華街」で車を降りずに料理の受け渡しができる「ドライブスルー」サービスが開始。
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。従来の一般的...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
日本一煮干しを追求したラーメンでおなじみ「ラーメン凪」とロンドンの人気ラーメンバー「Bone Daddies」のコラボ。10月27日まで!