スラム街の子どもたちを「スナック菓子」で救う方法って?

フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。
content_e383a420e2cea8d61ad0c3bd9b47ce83bc373a4f約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令によって、1時間半ほど離れた農村地区に移住してきた。だが新たな問題に直面しているという。

ほとんどの子どもたちが
栄養失調に悩まされている

以前とは違い、住む環境はよくなった。とはいえ、廃品回収して生計を立てる貧民(スカベンジャー)だった彼らは、農村に来ても仕事がなく、生活の苦しさに拍車がかかるばかり。飢餓や栄養失調に陥るという問題を抱えている。

ゴミに囲まれて暮らしてきた彼らは、もともと野菜を食べる習慣がない。そのため、バランスのとれた食事の重要性を理解している人は皆無だという。

content_7f4aa6a5d54bb24dd8bc1e38e2b9a407757ce322 (1)栄養失調の兆候がよくみられるのは成長期の子どもの身長。例えばフィリピンの12歳の子の平均身長は155cmだが、126cmしか身長がない女の子がこの居住区にいる。平均身長でも144cmと基準を大きく下回っている。

この状況をなんとかしようと立ち上がったのが、NPO法人カマルフリーダ代表の西村祐子さん。開発途上国の人々に経済的な自立を促すための手助けをしている。

「野菜」で収入源を作り
負のスパイラルを断ち切る

content_bc6218e4564366a1f93a13285f2006d131837057まず着目したのが、家庭菜園。日常的に野菜を食べることで、栄養補給できるのではないか、と考えたという。だが、目標はそれだけではない。

「収穫した野菜の何割かをスナック菓子として加工・販売することで現金収入が得られます。生活が成り立たず、また元のスラム街暮らしに戻ってしまうといった、負の連鎖を断ち切ることができるのです」と、西村さんは語る。

400〜500世帯を対象に
野菜の栽培とスナックづくりを指導

content_317d9f3025a810ec67ac2e73d434c58e27b4e0f0 ただ、「野菜を作ろう!」といっても、彼らには野菜を作る知識はゼロ。カマルフリーダのメンバーが中心となって、まずは400~500世帯を対象に指導を進める。

このプロジェクトを成功させるには、「いかに家族全員を巻き込むか」がポイントになる。例えば自分の子どもが野菜作りに関わると、親も家庭菜園に興味を持ち始める。それをきっかけに、野菜の育て方や土壌や、有機肥料とそれに適した野菜は何なのかまで詳しく教えていくという。

スナックは、野菜をはじめ、新鮮なバナナやパパイヤ、マンゴーで作る。半年間で、スナックづくりを覚えてもらい、各家庭が自立して稼いでいける第一歩を踏み出す流れを作っていく。

現在、このプロジェクトを進めるための資金をクラウドファウンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで募っています。ぜひ協力をお願いしたい。

コンテンツ提供元:READYFOR

スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
先日のあるニュースによれば、この貧困街で麻薬組織と警察の銃撃戦が発生したらしい。治安を改善するために必要なアクションは、何なのだろうか。
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。従来の一般的...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
もしも、世界中の人々がひとつの街に住んでいたら、どうなるんだろう?国と国との境界線をなくした時、同じ街で暮らす住人として仲良く過ごすのか。それとも、考え方...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
遠目から見ると、全体のビビットなカラフルさが、子どもの頃よく遊んだ「レゴブロック」を連想させます。おもちゃの世界のようなこの場所は、インドネシアのカンプン...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。現在は賑わいは失いつつも、昔ながらの商店に混じって...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
アメリカペンシルヴァニア出身の男性とフィリピンマニラ出身の女性の国際遠距離恋愛カップル。どうせなら海外で会おう!と世界各国で再会してはキスショットを撮る試...
ガーナ人のNeequaye Dreph Dsaneさんは、イギリスの街に絵を描き続けている。モデルは全員親友。それぞれの信念を持ち、社会的活動にはげむ人たち。
現在、地球の人口は約74億人。このまま、人口は増え続けていくのでしょうか?それとも、減っていくのでしょうか。資源を奪い合う戦争を起こさなければならないのか...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではな...