この夏、イマドキ女子が狙うべき旅先は「レインボーの村」

遠目から見ると、全体のビビットなカラフルさが、子どもの頃よく遊んだ「レゴブロック」を連想させます。おもちゃの世界のようなこの場所は、インドネシアのカンプン・ペランギ村。華やかさとは裏腹に、つい数ヶ月前までは、全く観光客が訪れていませんでした。

でも、最近になって、インスタグラムでの出現率が急上昇中。ジオタグで「Kampung Pelangi」と検索すると、5,000件以上の投稿が。まだ世界的には有名ではありませんが、特に女性に人気の旅先になる日も、そう遠くはないかもしれませんよ。

壁や道のイラストを使って遊び放題!

服装を色物で派手にすると、さらに写真映えします♡

アジアンテイストな場所では、モノトーンが相性◎!

実はここ、元「スラム」だった村。

A7d901e73de11f950aa241542b52358bc5073ce3

この村がレインボーになったのは、たった2ヶ月前のこと。それまではずっと、人が寄り付かないスラムだったのです。避けられる場所になってしまったことで貧困が酷くなり、村の生活に危機感を覚えた地元の先生が、どうにかして人が集まる場所にできないかと考えた結果、たどり着いたのが約325戸の家を全てカラフルに塗る、というものでした。

寄付金を募り、スポンサーの協力もあって企画は実現。見ての通り、見事にインスタジェニックな村に生まれ変わりました。

次第に村人の表情も明るくなり、犯罪が減少。それに伴い、観光客が増え、経済状況も改善されていっているそう。人が多すぎてゆっくり観光できないという問題もまだなさそうだから、今年の夏休みはベストタイミングかも!

Licensed material used with permission by upik_yipie, lovecekar, anggaprayoga2179, Anom HaryaWicaksana
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
緑に覆われた建物が並ぶ、山中の景色。ここは中国は浙江省、舟山群島にある、後頭湾(ホウトウワン)村。
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
ここ数年、オトナ女子の間で流行しているのが「ナイトプール」。ムーディーでリッチな気分を味わえることが人気となっている。そこで1つ提案。夏の夜遊びに、遊び心...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
業務用冷蔵庫より、はるかに寒い世界。ロシア連邦東部サハ共和国の首都ヤクーツクは、世界でもっとも寒い大都市だと言われてます。では世界一寒い村はどこにあるかと...
長野県阿智村。そこは環境省認定の「日本でいちばん星が輝いて見える場所」。東京での生活に疲れた同じシェアハウスに暮らす私たち3人は、この星空の下で、自分たち...
これなら、ほんとになんでも「映えさせられる」。
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...