廃村になったことで、かえって人が集まったという皮肉

緑に覆われた建物が並ぶ、山中の景色。ここは中国は浙江省、舟山群島にある、後頭湾(ホウトウワン)村。

廃村になった
ゴーストタウンの漁村

小さな漁村でしたが、上海で大型漁船による漁業が盛んになったことにより漁獲量が低下。90年代に廃村を余儀なくされました。

現在は住む人のいないゴーストタウンと化しています。

住む人がいないまま建物だけが放置された結果、街は緑の海。壁にはびっしりと蔦が這っています。

しかし、その光景を一目見てみたいと徐々に話題に。廃村になったことによって、かえって人が訪れるようになったそう。

なんとも皮肉な話ではありますが、動画を見るとその理由もわかる気がします。

Licensed material used with permission by Joe Nafis
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...