村に生える「へんなみかん」から始まったサクセスストーリー

“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は和歌山県にあります。

村面積の97%が山林という北山村では、人々の生活の場はわずかに残された平地。見渡す限り山、山、山の厳しい気候で育つ、ある一本の「へんなみかんの木」から、村の未来は変わりました。

ある村人の庭に
一本だけ生えていた「へんな木」

その「へんな木」の持ち主は、村人の福田国三さん。子供の頃から「へんなみかんだけど、他のものより美味しい」と思っていたと言います。邪気を払うことから村では「じゃばら」と呼ばれ、縁起物として慣れ親しまれた味。その味をもっと広めようと福田さんが立ち上がったのが、物語のスタートでした。

しかし、村の人々はその活動に見向きもしません。福田さんが活動を始めてから数年間、なかなか注目を集められず苦心する日々が続きました。それでも情熱を持ち続けた福田さんに、ある“ビッグニュース”が訪れます。

「へんなみかん」は
世界のどこにもないみかんだった!

福田さんの熱意に少しずつ動き始めた村が、みかんの分類で有名な権威者・田中論一郎博士に調査を依頼。すると、じゃばらは日本は元より、世界でも類のないまったく新しい品種であることが分かったのです。 

さらに、さまざまな専門家に依頼し、特性や味について解明。じゃばらは江戸時代から分布していたゆずと九年母(くねんぼ)、紀州みかんなどの自然交配種で、その独特な味は専門家からも高い評価を得ます。そしてついに村は、農園の規模を拡大してじゃばら栽培へと踏み切ることにしました。

革命のきっかけはWeb事業への進出

しかし、特産品として販売を始めてから10年もの間、売れ行きが伸びずに苦難の時代を過ごします。
その窮地を脱するきっかけとなったのが、Web事業への進出です。たった1人の農家から始まったじゃばら産業も直販サイトや大手ネット通販を駆使することで噂はぐんぐん広がり、収穫前に予約受付が終了するほど人気に。今や9haのじゃばら農園を約40人の従事者で管理する一大産業にまで発展しました。

最近では、じゃばらに多く含まれるナリルチンという成分がアトピーなどのアレルギー性皮膚炎や花粉症などの症状緩和に期待できるとテレビの人気番組などでも紹介されています。

果実だけでなく、さまざまな加工品も

キュッと広がる酸っぱい匂いは、確かに邪気も逃げていくような爽やかさ。そんなじゃばらの味を生かし、果実にとどまらずさまざまなじゃばら商品を展開しています。
ジュースはもちろん、ポン酢やジャム、パウンドケーキetc。新しいアイディアを次々に形にし、村の未来を担うじゃばらの可能性は広がる一方。

まさに「邪気を払う」不思議な果実。今後もじゃばら成分配合の商品に期待です!

Licensed material used with permission by 北山村じゃばら村センター
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
国内有数のみかんの産地、愛媛県「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京大田市場の価格相場を決めるプライスリーダー...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
緑に覆われた建物が並ぶ、山中の景色。ここは中国は浙江省、舟山群島にある、後頭湾(ホウトウワン)村。
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
お皿の上に置かれた、2個のみかん。左は、普通に皮をむき、白いスジが残ったままの状態。コレ、気になる人も多いですよね。でも、“あること”をすれば見事にスジが...
太平洋に面した温暖な紀州和歌山県。そこで育てられた柑橘類の果皮から作られた、日本では珍しい合成香料不使用のアロマオイルがあります。製造したのは酒造メーカー...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
長野県阿智村。そこは環境省認定の「日本でいちばん星が輝いて見える場所」。東京での生活に疲れた同じシェアハウスに暮らす私たち3人は、この星空の下で、自分たち...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
缶詰のミカンのようにツルんと薄皮をむく方法を紹介します。食用重曹で煮るだけ。誰でも簡単に本来の甘さを楽しめますよ。