蒸留のプロが手がける柑橘いっぱいの純国産「天然アロマオイル」

太平洋に面した温暖な紀州和歌山県。そこで育てられた柑橘類の果皮から作られた、日本では珍しい合成香料不使用のアロマオイルがあります。製造したのは酒造メーカー。なんでも、焼酎造りの蒸留技術が活かされているんだそう。

酒造メーカーがつくった
純国産100%のアロマオイル

2134751fc27d2bd97e91f44e36692bbedefbc2b9

紀州和歌山の豊かな自然が育んだ柑橘類から、天然のエッセンシャルオイル抽出に成功したのは、地元の酒造メーカー中野BC株式会社(中野BC)。

同社によると、国内に流通しているほとんどのアロマオイルが海外で生産されており、純国産で、それも100%天然のオイルとなるとごくひと握りだそう。

それにしても、気になるのは酒造メーカーがいかにしてアロマオイル製造に至ったのか?そこには、焼酎とアロマ製造の間になる意外な共通点が。

「安全な天然アロマを」
焼酎の蒸留方法に着目

81a8a818f34406e88e68e4ee408fd157979216ce

オイルを製造する中野BC。同社には、1932年創業以来、醤油、焼酎、リキュール、清酒の製造で長年培ってきた「醸造技術」がありました。

1990年には、技術発展を目的に「リサーチセンター食品科学研究所」を設立。地元和歌山の素材を活かしたオリジナルブランドの開発に乗り出しました。

地元農園(伊藤農園)のみかんジュースの製造工程で捨てられる、みかんの皮の再利用法を考えるなかで、果皮から天然精油の抽出したアロマオイルの製造に目を付けたそうです。

47f60c61bef46c0c97f7b603026923c56c842492

植物由来のアロマオイルは通常、蒸留してオイルを抽出するのが一般的。ところが、柑橘類は熱による香りの成分変化が強いため、これまでは果皮を押しつぶす圧搾法が採用されてきました。

しかし、この方法では柑橘類に含まれる光毒性成分クマリンを取り除くことができません。クマリンは、シミや肌荒れを引き起こす可能性がある成分。柑橘のみずみずしい香りは抽出できても、肌につけることができない…。

中野BCが目指していたのは、「100%国産の天然かつ安全なアロマ」。ここで生かされたのが、66年間の焼酎造りで培った水蒸気蒸留法でした。焼酎を製造する過程の細かな温度管理を駆使して、クマリンを含まない蒸留法での精油を実現。温度帯や摘出条件を試行錯誤し、じつに2年間でのべ200回以上にわたる蒸留実験を繰り返したそうです。

734f87d3e58ef46f9a1f776e19d6af48ffbb1023

こうして抽出された、地元柑橘100%の天然のエッセンシャルオイルは、日本アロマ環境協会の認定を受け、「食べる柑橘から香る柑橘へ」。紀州の新たな魅力を伝えるブランドになりました。

紀州和歌山の魅力が
凝縮した、6種の香り

C67904bfd149a44f81165a0305d1b19334cec842

柑橘王国・和歌山県産のみかんと甘夏、柚子、檸檬、三宝柑(さんぽうかん)の5種類の和の香りが凝縮したアロマオイルは、ブランド名「FRAGRANT KISHU-WAKA」として、2015年4月から発売がスタート。

100%国産の原料を用いて100%天然のエッセンシャルオイルをつくる。ブランド名に配した「WAKA(和香)」、そこには日本と和歌山ふたつの“和”の意が込められているそうです。

8d413c1d3ced4467073d87e586f3e4adba12a5f1

今年、県産高級柑橘「仏手柑(ぶっしゅかん)」が新たにシリーズへと仲間入り。生花にもよく使われる、野性味ある独特のスパイシー香が特徴。主に観賞用として使用されることが多く、ひとつ3,000円以上の値がつくことも珍しくありませんが、これはその希少な果皮を使用したもの。300個限定の販売となっています。

焼酎の醸造技術が活かされたMADE IN NIPPONのアロマオイルは、中野BCのwebサイトから購入可能。みずみずしい“和アロマ”、どんな香りがするんでしょう。気になりますよね。

Licensed material used with permission by 中野BC株式会社
国内有数のみかんの産地、愛媛県「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京大田市場の価格相場を決めるプライスリーダー...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で頻繁に見つかる、いわゆる「おかず味噌系」の食べ物。その代表格と言えるのが金山寺味噌ではないでしょうか? なん...
海を愛する人々の間で人気を集めている日焼け止めがあります。それは、ミャンマー産の天然素材などを使ってできたクリーム「MANDA」。細かく粉砕した「Than...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
人とはちょっと違う、ヘンテコな言動を繰り返す人。でも、なんとなく憎めない。一般的に天然ボケとも言われるような人ですが、時として常識はずれなことを平気で言い...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
国産レモンの話題が増えているように感じます。「減農薬、ノーワックスで皮までおいしい」なんてよく言われますが、まだシェアとしては全体の10%ほどしかなく、と...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
木製台所用品のお手入れ法を紹介します。
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
天然素材、自然由来、かだらにやさしい、これら「オーガニック」を修飾する名詞は口にするものだけでなく、今では衣類や日用雑貨においても、“気になる”キーワード...
アンチエイジングや生活習慣病予防など、健康効果も注目され日本に定着したオリーブオイル。ですが、生産量となるとどうでしょう?日本のオリーブオイル消費量は年間...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
「絶景のなかでアイススケートをする美女」。その言葉だけでも絵になりそうな予感がしますが、この動画は間違いなく想像を超えるはず。こんなところで滑れたら気持ち...
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...