おいしさの秘訣は新鮮な天然真鯛の風味。長崎・壱岐島の「鯛茶漬」がクセになる

北海道に次いで魚の漁獲量が全国2位という、長崎県。中でも「鯛」の漁獲量は日本一です。

お刺身はもちろんですが、鯛の塩釜焼、鯛めし、そして鯛茶漬けが「長崎三大鯛料理」と呼ばれていて、長い年月をかけて熟成されてきた鯛のおいしい食べ方なのです。

まかない料理がヒット
長崎「壱岐島」の鯛の食べ方

5778107348811776
©2018 Takeshi Kimura

元々は、余った魚の切り身などをご主人が自分の夜食用として「お茶漬け」にして食べていたところ、たまたま食べたお客さんから好評だったため商品化したものだそう。

一般的に「鯛茶漬」というと濃いゴマだれをベースにした味を想像するかもしれませんが、長崎名物の鯛茶漬けはひと味違います。店や旅館によって製法や味が異なりますが、長崎県北部にある壱岐島(いきのしま)では、漁港で水揚げされた天然真鯛を秘伝のタレに漬け込み、それを温かいご飯に載せて自家製の梅肉、わさび、ふりかけをかけて、熱いお湯を注いで食べるそうです。

新鮮でやわらかい鯛にはまったく生臭さがなく、ほんのり潮の香りが漂います。ゴマ醤油味のタレも相性がよく、一度食べたらやみつきです。

無農薬栽培の梅干しがアクセント
JALも認めた「鯛茶漬」

長崎の壱岐島では各家庭で梅の栽培が盛んで、平山旅館では「島のめぐみ観光農園」として、無農薬でおいしい野菜を育てています。そこで作った梅とシソで漬け込んだ梅干しの「梅肉」と、沸騰した「熱〜いお湯」が、鯛の臭みをしっかりと消してくれるのだそうです。

この「鯛茶漬」は、2012年にJAL国際線ファーストクラスの機内食にも採用されました。また、鯛だけでなく、壱岐島で採れたイカも一緒にお茶漬けにした「島茶漬け」や、鯛茶漬に使われているものと同じ「島梅干し」も、平山旅館の人気メニューになっているそうです。

4757835049074688
©2018 Takeshi Kimura

購入は、壱岐もの屋より。

Top image: © Takeshi Kimura
長崎県・玄界灘に浮かぶ島「壱岐島」の港町である芦辺浦という地域。この地である夢を叶えようと奮闘する夫婦が暮らしています。妻は海女、夫は釣り師海に囲まれ、島...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
長崎県の南東部にある島原半島。その中心街である島原市の駅裏に店を構える「島原むすびす」は、地元で採れた季節の食材を使った手作りおむすびが自慢の専門店。
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
「ひとりのお客さんとして、無人島に遊びに行く」。確かにそれもいいかもしれない。でも長崎県・大村湾に浮かぶ田島では、井戸づくりや古民家修復、無農薬野菜の栽培...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...