【沖縄県】しまんちゅのおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」

沖縄でおにぎりの具といえば、「みそのこ」が定番。

「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半年は保つ保存食です。この「みそのこ」は沖縄で、あぶら味噌(アンダンスー)とも言われ、アンダはアブラ、ンスーはミソ。

かつてはどの家庭にも常備されていたほど、沖縄に浸透しているご飯のお供なんです。

沖縄では
豚は鳴き声以外、全部食べる

5448662368911360
©2018 Makoto Kujiraoka

沖縄料理に欠かせない、豚肉。昔から豚は「鳴き声以外は全部食べられる」と言われていて、様々な料理に変身します。

例えば……

頭→「チラガー」コリコリ食感の燻製

耳→「ミミガー」茹でたり蒸したり千切りにして味付けをしたおつまみ

肉→「ラフテー」泡盛で煮たトロトロ角煮

肋骨&肉→「ソーキ」骨つきアバラ肉(スペアリブ)

足→「テビチ」コラーゲンたっぷりの煮込み

尾→炒めもの

皮や脂→ラード

心臓→サラダなど

肝臓→スープや研究用

その他内臓→中身汁

睾丸や乳房→煮物

血液→野菜と肉を血で炒めた「チーイリチャー」

骨→出汁を料理に使用

などなど。

沖縄の有名ブランド豚
アグーでつくる「みそのこ」

4679045836963840
©2018 Makoto Kujiraoka

島豚の歴史は1372年、室町時代にまで遡ります。

中国からの500人ほどの使節団が沖縄に滞在するにあたり、1日に20頭ほどの豚が必要でした。長い時には8ヶ月ほど滞在していたので、多くの豚を育てる必要があったそうです。そのときに中国から連れて来られ、沖縄で飼い続けられたのが「島豚(アグー)」です。

アグーの肉は脂が多めなのですが、他の豚脂と比較するとコレステロールが4分の1ほどと、上質です。そんな脂をじっくり絡めた「みそのこ」をご飯にちょんと乗せていただきましょう。豚肉の香りと甘みが口のなかに広がり、味噌がご飯を誘います。

6568816146382848
©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、みそのこ食品より。

Top image: © Makoto Kujiraoka
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
沖縄の郷土料理「イナムドゥチ」は、言うなれば具沢山の味噌汁のこと。お祝い行事やハレの日にふるまわれるお椀として、古くから島の人々に愛されてきた味です。この...
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...