栃木・益子町の郷土料理「ビルマ汁」は、夏の定番料理だった

栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられる定番メニューがあります。その名も「ビルマ汁」。

この不思議な名前のソウルフードには、果たしてどんな由来があるのでしょうか。

本物のビルマ料理を
栃木・益子町で再現

6013945915637760
©2018 Makoto Kujiraoka

この「ビルマ汁」が誕生したのは、1945年。太平洋戦争でビルマ(現在のミャンマー)に出征していた飯塚潤一さんがビルマで食べたスープの味が忘れられず、帰国後にその味を再現しようと、日本で手に入る食材を使って作りあげたオリジナル料理だと言われています。

その味が近所の人たちに伝わって広がり、夏の家庭料理の定番として益子町で親しまれるようになりました。

益子町では、長く地元で親しまれてきたこの「ビルマ汁」を飲食店などでいただくことができます。お店によって洋風ビルマ汁、冷製ビルマ汁、麺のつけ汁、パンやご飯のつけあわせのスープなどアレンジされているので、食べ比べても面白そうですね。

ビルマ汁は
夏の定番家庭料理だった

5413125222301696
©2018 Makoto Kujiraoka

ビルマ汁は、赤く熟したトマト、ナス、インゲンといった夏野菜とジャガイモ、ニンジンを豪快にぶつ切りにして和風出汁で煮込んだもので、味付けはトウガラシとカレー粉。だしの効いた熱くて辛いスープは一度食べたら忘れられません。札幌のスープカレーにもどこか似ているかもしれませんね。

だしのよく染みた野菜はおかずとしてとてもご飯に合いますが、白いご飯を豪快にお汁の中に入れておじやにしてしまうのもまた一興。だしとスパイスがほどよく効いていて、汗だくになりながらもどんどん食が進みます。お店によってはビルマ汁を使ったスープパスタ、なんてものもあるそうです。

この地域では「ビルマ汁」が食卓に出るようになると夏の訪れを感じられる、季節の家庭料理として親しまれているのです。

購入は、肉の田口より。

Top image: © Makoto Kujiraoka
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
アドレナリン全開だったんでしょうね。
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
せんべい汁は青森県八戸市を中心に、青森県南〜岩手県北周辺で食べられてきた郷土料理。鍋専用の南部せんべいを鍋の中に割り入れて煮込むと、美味しい出汁がしみ込ん...
だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴっ...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...