【新潟県】これでもかとご飯にふりかける漬物、郷土料理「きりあえ」

寒い地方ほど、漬物文化が盛んなもの。

長い冬を乗り切ための保存食として、あるいは塩分で体温を上げて寒さから身を守るためなど、さまざまな理由から進化してきた漬物ですが、北国を訪れたときにお茶うけとしてお漬物が出てきたりすると、その漬物愛に面食らってしまったりします。

白メシを真っ黒に染める
新潟の漬物愛「きりあえ」

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにして食べるのです。

ただし、ふりかける量が半端ない。きりあえでご飯が真っ黒になって見えなくなるまで振りかけるのがご当地での作法。やはり漬物愛がものすごい……。

北国の農民たちの
したたかさが郷土料理を生んだ

大根の味噌漬けのしょっぱい旨味に、砂糖の甘みとゴマが豊かに香る「きりあえ」ですが、一体なぜそんなにたくさん振りかけるのか?

実は農民が年貢を納めていた江戸時代、お米は経済を支える貴重品。ましてや冷害で不作に悩まされやすい北国にとって、米は江戸や大阪よりもずっと貴重なものでした。

そこで「農民が贅沢している!」とお上に目をつけられないように、真っ白なご飯にきりあえをびっしりと振りかけて隠したのが、そのはじまりだとか。ただし、その甘じょっぱい風味は箸が止まらない魔性の味。きっと貴重なお米がたくさん農民たちの胃の中へ消えたはず。お上の目を逃れて貴重なお米を文字通り “うまく” 利用したんですね。

きりあえがかかった真っ黒なご飯をひとくち含むにつれ、やっぱ北国の民のトリックスターぶりに感心してしまいます。

購入は、越後味噌醸造より。

Photo by Takeshi Kimura
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました

関連する記事

冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
寿司職人監修のもと、添加物や化学調味料は一切使わず、天然だしと天然のお酢を使ってつくる新しい漬物「和ピクルス」。毎月ポストに届くサブスク型というのもおもしろい!
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
新潟県の郷土菓子といえば笹団子。この数百年もの伝統をもつと言われる郷土菓子に、最近ではきんぴら入りやチョコレート入りが誕生しているのだとか。決してインパク...
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
決して、とんでもない“ダメージ”をくらうわけではありません。が、地味にテンションが下がる「液だれ」。テーブルは汚れるし、なんだか次に使う人に対しても申し訳...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...