【新潟県】これでもかとご飯にふりかける漬物、郷土料理「きりあえ」

寒い地方ほど、漬物文化が盛んなもの。

長い冬を乗り切ための保存食として、あるいは塩分で体温を上げて寒さから身を守るためなど、さまざまな理由から進化してきた漬物ですが、北国を訪れたときにお茶うけとしてお漬物が出てきたりすると、その漬物愛に面食らってしまったりします。

白メシを真っ黒に染める
新潟の漬物愛「きりあえ」

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにして食べるのです。

ただし、ふりかける量が半端ない。きりあえでご飯が真っ黒になって見えなくなるまで振りかけるのがご当地での作法。やはり漬物愛がものすごい……。

北国の農民たちの
したたかさが郷土料理を生んだ

大根の味噌漬けのしょっぱい旨味に、砂糖の甘みとゴマが豊かに香る「きりあえ」ですが、一体なぜそんなにたくさん振りかけるのか?

実は農民が年貢を納めていた江戸時代、お米は経済を支える貴重品。ましてや冷害で不作に悩まされやすい北国にとって、米は江戸や大阪よりもずっと貴重なものでした。

そこで「農民が贅沢している!」とお上に目をつけられないように、真っ白なご飯にきりあえをびっしりと振りかけて隠したのが、そのはじまりだとか。ただし、その甘じょっぱい風味は箸が止まらない魔性の味。きっと貴重なお米がたくさん農民たちの胃の中へ消えたはず。お上の目を逃れて貴重なお米を文字通り “うまく” 利用したんですね。

きりあえがかかった真っ黒なご飯をひとくち含むにつれ、やっぱ北国の民のトリックスターぶりに感心してしまいます。

購入は、越後味噌醸造より。

Photo by Takeshi Kimura
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...