【福井県】1000年の伝統食「鯖のへしこ」のおいしい食べ方とは

福井県から京都府まで続く「若狭街道」は、古代から朝廷に食材を届けるための道として、多くの行商人たちが行き来した古道。

荷のなかには、若狭湾で水揚げされた鯖が多かったことから、いつしか「鯖街道」と呼ばれるようになったことでも知られています。

日本海の幸を京都へ
かつての流通網が生んだ「へしこ」

E919303efaee48c510482a41a28f788157578fb6
©2018 Takeshi Kimura

ご存知のとおり、鯖は足が早い食材。

そのため、若狭湾で採れた鯖を京都へ届けるために塩を振って保存性を高めるのですが、京都へ着いた頃にちょうど良い塩梅の「塩鯖」になっていたと言われています。

とくに冬の針畑峠を越えて運ばれた鯖は寒さと塩で身が締まり、京の美食家たちの舌を楽しませてきました。

福井の歴史が詰まった「へしこ」は
和洋中を問わない伝統食

福井では、塩鯖のほかにも採れたての鯖を浜辺で焼き上げた「浜焼き鯖」や「酢じめ」など、日持ちをさせるために数多くの調理法が編み出されてきましたが、そのなかでも最も賞味期限が長く、いわば鯖の漬物と言える存在が、この「へしこ」。

鯖を塩漬けにした後に1年以上も糠漬けしたもので、古くは鎌倉時代にまで遡る伝統食品です。

酒の肴としてはもちろん、長期保存できる貴重なたんぱく源として、ご飯のお供にも愛されてきた「へしこ」。そのまま薄くスライスして食べたり、米糠を少し落としてから焼いたり、熱いお茶をかけて薬味をのせてお茶漬けにしたり、というのが定番レシピ。

ほかにも、和風のアンチョビとも言える風味のため、パスタやチャーハンなどの料理にもアレンジできる懐の広さも魅力です。1000年近い歴史を誇る、伝統食品のへしこ。あなたならどう食べる?

B33a2faac16873967f01ff11f2e64a7bf849ed59
©2018 Takeshi Kimura

購入は、天たつより。

Top image: © Takeshi Kimura
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
めがねの街・福井県鯖江市の株式会社キッソオのロングセラー「鯖江ミミカキ」。2013年にグッドデザイン賞を受賞したこの耳かきは、鯖江の町工場だからこそ生み出...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた神奈川・小田原市の名産「ほととぎす巻」。落花生...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...