福井が誇る1000年の味。鯖の「へしこ」がうまい

福井県から京都まで続く「若狭街道」は、古代から朝廷に食材を届けるための道として、多くの行商人たちが行き来した古道。

荷のなかには、若狭湾で水揚げされた鯖が多かったことから、いつしか「鯖街道」と呼ばれるようになったことでも知られています。

日本海の幸を京都へ運ぶ
かつての「流通網」が生んだ味

E919303efaee48c510482a41a28f788157578fb6

ご存知のとおり、鯖は足が早い食材。

そのため、若狭湾で採れた鯖を京都へ届けるために塩を振って保存性を高めるのですが、京都へ着いた頃にちょうど良い塩梅の「塩鯖」になっていたと言われています。

とくに冬の針畑峠を越えて運ばれた鯖は寒さと塩で身が締まり、京の美食家たちの舌を楽しませてきました。

1000年の伝統は
和洋中を問わない

福井では、塩鯖のほかにも採れたての鯖を浜辺で焼き上げた「浜焼き鯖」や「酢じめ」など、日持ちをさせるために数多くの調理法が編み出されてきましたが、そのなかでも最も賞味期限が長く、いわば鯖の漬物と言える存在が、この「へしこ」。

鯖を塩漬けにした後に1年以上も糠漬けしたもので、古くは鎌倉時代にまで遡る伝統食品です。

酒の肴としてはもちろん、長期保存できる貴重なたんぱく源として、ご飯のお供にも愛されてきた「へしこ」。そのまま薄くスライスして食べたり、米糠を少し落としてから焼いたり、熱いお茶をかけて薬味をのせてお茶漬けにしたり、というのが定番レシピ。

ほかにも、和風のアンチョビとも言える風味のため、パスタやチャーハンなどの料理にもアレンジできる懐の広さも魅力です。1000年近い歴史を誇る、伝統食品のへしこ。あなたならどう食べる?

B33a2faac16873967f01ff11f2e64a7bf849ed59

購入は、天たつより。

Photo by Takeshi Kimura
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったもので、...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
「Urban Rivers」が開発しようとしているのは、誰もがインターネットを通じてコントーロできるお掃除ロボットだ。
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、ここではさらに歴史も黒色も深い...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
「あけがらし」は、山形県長井市の老舗醸造所の「山一醤油」の女性だけに製法が伝わる、秘伝の食べ物。かつては男衆に見つからないよう、みなが寝静まった深夜に一族...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。「みまから」の原料は、古くからこの美馬地方で栽培...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた「ほととぎす巻」。落花生、水飴、辛子粉をベース...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
約400mの白い砂浜が続く孤島「水島」は、福井県敦賀半島の先端に位置します。その特長は、何と言っても圧倒的な透明度。遠浅になっているので海底まではっきりと...
当然だけれど、味がしなくなるのは勘違いではない。人は緊張・ストレス状態によって、味覚が変化してしまうのだ。(詳しく知りたい人は『日本官能評価学会誌』の論文...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
「とろろ」は手頃な値段でおいしく食べられる庶民の味として広く親しまれていますが、ここで紹介する「とろろ汁」に使われているのは、静岡県産の自然薯(じねんじょ...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
もともとソウルフードとは、アメリカ南部で黒人奴隷たちが、通常は捨てられる食材をなんとか食べられるように加工した料理のこと。チタリングス(豚のモツ)やハムホ...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。遡ること約400年前、江戸時代初期に「からしれんこん」は生...