【長野県】日本一の長寿県を支える激辛スパイス「七香七味」

かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。漬物を多用する塩辛い食生活がその原因らしい、ということで、県民の健康増進のために官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパイスを活用しよう」というもの。

今ではその甲斐あって、男性80.88歳、女性87.18歳と、男女ともに日本一の長寿県として知られるようになったのです。

激辛好きに
「七香七味」の唐辛子味噌を

©2018 Kenji Fujimaki

長野県へ旅行に行き、七味唐辛子の缶が売っているのを目にしたことがある方もいるでしょう。それはきっと、長野県民の御用達にしてお土産の定番品「根元 八幡屋礒五郎」の謹製の七味唐辛子です。しかしちょっと目線を変えてみれば、長野にはまだまだ知られざるスパイス調味料がありました。

それが、この「七香七味」。瓶の蓋を開けた途端に強烈な味噌の匂いが鼻を刺激します。ひとくちサイズをお箸によそって口に入れると、最初は味噌の甘さが口の中に広がり「なんだ、あんまり辛くないじゃないか」と思うのも束の間。身体の奥が熱くなり、汗が吹き出てきます。

最初は「ちょっと少ないかな?」と思うくらいの量でお試しを。

ピリリと辛い唐辛子が
長野の農業過疎化を救う!?

長野県と言えば、川上村のレタス栽培や冷涼な気候を活かした果物の栽培でも知られていますが、じつは唐辛子も主要な作物のひとつ。信州の伝統野菜にも登録された「ぼたこしょう」や「ひしの南蛮」をはじめ、県内では確認されただけで14もの在来品種が栽培され続けているんです。

そしていま唐辛子は、過疎化や高齢化が進む農業において鳥獣害の食害を受けにくく、栽培が比較的容易なこともあって、山間部での農業を支える作物として注目を浴びている存在。

山間の農村だからこそ現代にまで残った在来品種は、貴重な遺伝資源であり、村おこしの秘密兵器なのです。

©2018 Kenji Fujimaki

辛くてご飯が進む七香七味は、日本の農業だけでなく、一人ひとりの健康も守ってくれるご当地フードなのかもしれません。

購入は、旬粋より。

Top image: © Kenji Fujimaki
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました

関連する記事

徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。激辛薬味「みまから」の原料は、古くからこの美馬地...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
兵庫県丹波篠山の無農薬ハバネロを使ってつくる「メローハバネロ」。シリーズ中もっとも辛いのがこの「Heaven」。これぞ、正真正銘の激辛!なのにきちんと美味...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
フロントタイヤを二輪にした「ゴールドトライアングル構造」によってバツグンの安定感を誇るニュータイプの電動キックボード型モーターサイクル「ilark」が「M...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
都内からも近く、ご当地グルメもたくさんあり、自然溢れる観光資源に恵まれた街「山梨県」の魅力をお届けします!
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
千葉人気が急上昇している今だからこそ、どこにお出かけしようか迷っている方におすすめしたい「知る人ぞ知る千葉県にある穴場グルメ」をご紹介。
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
江戸時代、徳川家にも献上された飛騨山椒をたっぷり使った「山椒七味」。香り、辛さ、痺れのバランスが秀逸な七味唐辛子です。
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...
「手羽先の唐揚げ」は油でカリッと揚げたあと、甘辛い秘伝のタレとスパイス、ゴマを振っていただきます。皮のパリっとした食感とジューシーな肉のうま味、さらにゴマ...
福岡県宗像市に暮らす母(フミ子さん)が、家族のためにつくった「ゆず胡椒」。その味を引き継いだ息子。「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」は、青唐辛子でなく、黒胡...
大分県日田地区の「葉わさび」と、九州産「唐辛子」をペーストにして掛け合わせた川津食品「わさびペッパー」。異なる辛味成分をひとつにした、斬新な辛さが楽しめます。
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...