日本一の長寿県、長野を支える激辛スパイス「七香七味」

かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。漬物を多用する塩辛い食生活がその原因らしい、ということで、県民の健康増進のために官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパイスを活用しよう」というもの。

今ではその甲斐あって、男性80.88歳、女性87.18歳と、男女ともに日本一の長寿県として知られるようになったのです。

辛味フリークに
「唐辛子味噌」を

9c36221020c54474aca72ce607340c26eb7dce0e

長野へ旅行に行き、七味唐辛子の缶が売っているのを目にしたことがある方もいるでしょう。それはきっと、長野県民の御用達にしてお土産の定番品「根元 八幡屋礒五郎」の謹製の七味唐辛子です。しかしちょっと目線を変えてみれば、長野にはまだまだ知られざるスパイス調味料がありました。

それが、この「七香七味」。瓶の蓋を開けた途端に強烈な味噌の匂いが鼻を刺激します。ひとくちサイズをお箸によそって口に入れると、最初は味噌の甘さが口の中に広がり「なんだ、あんまり辛くないじゃないか」と思うのも束の間。身体の奥が熱くなり、汗が吹き出てきます。

最初は「ちょっと少ないかな?」と思うくらいの量でお試しを。

ピリリと辛い唐辛子が
農業の過疎化を救う!?

長野と言えば、川上村のレタス栽培や冷涼な気候を活かした果物の栽培でも知られていますが、じつは唐辛子も主要な作物のひとつ。信州の伝統野菜にも登録された「ぼたこしょう」や「ひしの南蛮」をはじめ、県内では確認されただけで14もの在来品種が栽培され続けているんです。

そしていま唐辛子は、過疎化や高齢化が進む農業において鳥獣害の食害を受けにくく、栽培が比較的容易なこともあって、山間部での農業を支える作物として注目を浴びている存在。山間の農村だからこそ現代にまで残った在来品種は、貴重な遺伝資源であり、村おこしの秘密兵器なのです。

92a73b1c53dbf441093900944b080268ba8a5a92

辛くてご飯が進む七香七味は、日本の農業だけでなく、一人ひとりの健康も守ってくれるご当地フードなのかもしれません。

購入は、旬粋より。

Photo by Kenji Fujimaki
47都道府県のおいしいものを探していると各地で頻繁に見つかる、いわゆる「おかず味噌系」の食べ物。その代表格と言えるのが金山寺味噌ではないでしょうか? なん...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。「みまから」の原料は、古くからこの美馬地方で栽培...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
いろんなストーリーが浮かんできます。
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
長野県阿智村。そこは環境省認定の「日本でいちばん星が輝いて見える場所」。東京での生活に疲れた同じシェアハウスに暮らす私たち3人は、この星空の下で、自分たち...
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
「あけがらし」は、山形県長井市の老舗醸造所の「山一醤油」の女性だけに製法が伝わる、秘伝の食べ物。かつては男衆に見つからないよう、みなが寝静まった深夜に一族...
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...
お香をスタンドの中に入れてカバーをかぶせると、山のてっぺんから煙が出るという粋なデザインが特徴的な「Aroma Mountain」。お香の香りを静かに広げ...
旅先で迎えた解放的な朝、窓を開けてこう一言。「あ〜空気がおいしい!」。これを家で味わうために。
紙香といえば、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉や〈パピエダメニイ〉などのブランドが有名で、どちらかというと女性っぽいアイテムだと僕は思ってました。でも、〈C...