「おかず味噌」人気にお坊さんの尽力あり? 和歌山の金山寺味噌

初めて日本に来た外国人が空港を降りたときに感じるのは醤油や味噌の匂いだ、とはよく聞く話。

ウソかホントかは分かりませんが、少なくとも味噌と醤油はそのぐらい日本の食文化を象徴する調味料であることに間違いはありません。

全国各地で愛される
具材たっぷり「味噌」

6166949528600576

47都道府県のおいしいものを探していると各地で頻繁に見つかる、いわゆる「おかず味噌系」の食べ物。

その代表格と言えるのが金山寺味噌ではないでしょうか? なんせ金山寺味噌は和歌山県の推薦有料土産品に指定されているだけでなく、千葉県や静岡県でも特産品として扱われているほど八面六臂の活躍ぶりですから。

鎌倉時代にお坊さんが
中国から持ってきた

6369444351705088

そんな金山寺味噌ですが、総本山と言えるのが和歌山県。というのも、その歴史は鎌倉時代にまで遡り、宋で修行した心地覚心(しんちかくしん)というお坊さんが、和歌山にお寺を開山する際に伝えた料理だそうです。

それは、大豆から味噌を作る際に、塩で水分を抜いたウリやナス、生姜などを刻んで仕込んだもので、味噌というよりも「もろみ」に近い食べ物。食べ方ももろみと同じく野菜にディップしたり、そのまま酒の肴として食べるのがミソ…です

ちなみにこの心地覚心というお坊さん、よほど味噌と縁のある方のようで、長野の信州味噌を誕生させた張本人としても知られています。全国各地で金山寺味噌が郷土料理として愛されている背景には、お味噌好きなお坊さんの尽力があったのかもしれません。

4539254097051648

購入は、紀州梅苑より。

Photo by Makoto Kujiraoka
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
さむ〜いこの時期に仕込むお味噌がいちばんおいしいんですって。せっかくならば、道具にもこだわりたいって人に紹介したいキットです。
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
「甘くて美味しそうなスイーツ詰め合わせ」に見えますよね?でもこれ、そのまま食べるものではなく、お湯に溶かして食べられる団子状の"お味噌"なんです!説明がな...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
書籍『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着...
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
9月1日、東急世田谷線・松陰神社前駅から徒歩2分のところに『カネサオーガニック味噌工房 松陰神社前』がオープンした。店主は安部美佐さん。宮城県の実家で手作...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
トレイルランニングの栄養補給源は、バータイプのチョコレートやスポーツ用ゼリードリンクが一般的。でも、まさかここに味噌が加わることになろうとは!もちろん、携...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...