これぞ本当のソウルフード。群馬の「もつっ子」

もともとソウルフードとは、アメリカ南部で黒人奴隷たちが、通常は捨てられる食材をなんとか食べられるように加工した料理のこと。

チタリングス(豚のモツ)やハムホック(豚のハムの切れ端)などがその代表例で、それが転じて「地元民に愛されている料理」という意味を持つようになった、と言われています。

ラーメン屋からコンビニまで、
いろいろな店で人気のアレ

5418504098414592

「ホルモンの語源は、放るもん(捨てるもの)」という俗説もあるように、博多のもつ鍋や山形県の馬モツなど、日本のご当地料理のなかにも、通常は廃棄されていた内臓肉を利用したものがたくさんあります。

群馬のモツ煮もまた、捨てられていた素材を活用した料理であり、本当の意味での「ソウルフード」のひとつ。じつは群馬はモツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、過去にセブン-イレブンの限定メニューで売られたりと、地元民にとっては馴染み深い料理なんです。

シンプルな
スピードランチ

4920681955328000

数ある群馬のモツ煮専門店のなかでも、地元のうまい店を知っているタクシーやトラックのドライバーに人気なのが「永井食堂」。味はもちろん、「席に座ったと同時に料理が到着する」と言われるほどクイックに料理が提供されるのも人気の秘密。渋川市の山間部にあるにも関わらず、今や行列ができるほど。

中身は豚の白モツとこんにゃくをピリ辛の味噌仕立てで煮込んだ、いたってシンプルなもの。ちなみに豚は全国5位、こんにゃくは全国一の生産量を誇る、ご当地食材でもあります。

もちろん、居酒屋的にお酒のおつまみとして食べてもOKですが、群馬のモツ煮はスプーンで具と一緒に汁をたっぷりと掬って、ご飯にぶっかけてかき込むのが正解。

もちろんドライブがてらお店で食べるのもオススメですが、「もつっ子」という商品名で永井食堂のモツ煮そのままの味を通販可能なため、遠方の方は自宅で群馬の魂に触れてみても良いのかもしれませんね。

4610763691917312

購入は、永井食堂より。

Photo byTakeshi Kimura
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。「みまから」の原料は、古くからこの美馬地方で栽培...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、ここではさらに歴史も黒色も深い...
はっきり言って「ぶりっ子」はネガティブなイメージ。でも、ここでは彼女たちのポジティブな側面にフォーカスしていきましょう。じつは「ぶりっ子」って、理想的な彼...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で頻繁に見つかる、いわゆる「おかず味噌系」の食べ物。その代表格と言えるのが金山寺味噌ではないでしょうか? なん...
「あけがらし」は、山形県長井市の老舗醸造所の「山一醤油」の女性だけに製法が伝わる、秘伝の食べ物。かつては男衆に見つからないよう、みなが寝静まった深夜に一族...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったもので、...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた「ほととぎす巻」。落花生、水飴、辛子粉をベース...
話題になっているのは、群馬県利根郡みなかみ町にある、猿ケ京小学校をリニューアルした宿泊施設です。2008年に惜しまれつつ廃校となりましたが、2012年に新...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
「今の住空間にダルマは合うか?」そんな発想で誕生したのが、「アクティ大門屋」のはりこーシカという民芸品。そこには、高崎だるまを140年間作ってきた「アクテ...