これぞ本当のソウルフード。群馬の「もつっ子」

もともとソウルフードとは、アメリカ南部で黒人奴隷たちが、通常は捨てられる食材をなんとか食べられるように加工した料理のこと。

チタリングス(豚のモツ)やハムホック(豚のハムの切れ端)などがその代表例で、それが転じて「地元民に愛されている料理」という意味を持つようになった、と言われています。

ラーメン屋からコンビニまで、
いろいろな店で人気のアレ

5418504098414592

「ホルモンの語源は、放るもん(捨てるもの)」という俗説もあるように、博多のもつ鍋や山形県の馬モツなど、日本のご当地料理のなかにも、通常は廃棄されていた内臓肉を利用したものがたくさんあります。

群馬のモツ煮もまた、捨てられていた素材を活用した料理であり、本当の意味での「ソウルフード」のひとつ。じつは群馬はモツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、過去にセブン-イレブンの限定メニューで売られたりと、地元民にとっては馴染み深い料理なんです。

シンプルな
スピードランチ

4920681955328000

数ある群馬のモツ煮専門店のなかでも、地元のうまい店を知っているタクシーやトラックのドライバーに人気なのが「永井食堂」。味はもちろん、「席に座ったと同時に料理が到着する」と言われるほどクイックに料理が提供されるのも人気の秘密。渋川市の山間部にあるにも関わらず、今や行列ができるほど。

中身は豚の白モツとこんにゃくをピリ辛の味噌仕立てで煮込んだ、いたってシンプルなもの。ちなみに豚は全国5位、こんにゃくは全国一の生産量を誇る、ご当地食材でもあります。

もちろん、居酒屋的にお酒のおつまみとして食べてもOKですが、群馬のモツ煮はスプーンで具と一緒に汁をたっぷりと掬って、ご飯にぶっかけてかき込むのが正解。

もちろんドライブがてらお店で食べるのもオススメですが、「もつっ子」という商品名で永井食堂のモツ煮そのままの味を通販可能なため、遠方の方は自宅で群馬の魂に触れてみても良いのかもしれませんね。

4610763691917312

購入は、永井食堂より。

Photo byTakeshi Kimura
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
グンマあるある集めました。そして、県庁職員にぶつけてみました。「デートスポットは県庁かイオン」「中高生にセーブオンの39円アイスが人気」「学校の号令は、起...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。「みまから」の原料は、古くからこの美馬地方で栽培...
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
「今の住空間にダルマは合うか?」そんな発想で誕生したのが、「アクティ大門屋」のはりこーシカという民芸品。そこには、高崎だるまを140年間作ってきた「アクテ...
最近少しずつテレビに出始めている群馬のはっちゃんこと、田村はつゑさん(83)。桐生市にある彼女が営むバイキング屋さん「はっちゃんショップ」には取材で2度行...