【鹿児島県】せごどんも愛した黒豚を使った郷土料理「黒豚みそ」

「アメリカ人は、ポテトは野菜だからヘルシーだと思っている」なんてのはよく聞くエスニックジョークですが、日本人だって笑えません。

かつて豚肉を「歩く野菜」と呼んでいた人たちがいました。そう。鹿児島の人たちです。

「黒豚みそ」は、鹿児島の名産を
組み合わせた常備菜

6562155809734656
©2018 Makoto Kujiraoka

鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。(鹿児島では、痩せた土地でも育つ麦を使った味噌が一般的なのです)

ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティックにディップしたり、ナス味噌炒めに調味料として使ったりと、鹿児島では様々な形で食卓にのぼる万能の常備菜として愛されています。

基本的には沖縄のアンダンスーと共通の作り方であるあたり、薩摩が古くから琉球王国と交流してきたことをうかがわせます。ただし、沖縄では豚の脂肪を使うのに対して、こちらはお肉の部分もたっぷりと使うのが特徴的。そのため、そぼろのように肉の旨味も感じることができるんです。

島津兵の強さの秘密は
「豚肉食」にあり!?

5312022145138688
©2018 Makoto Kujiraoka

戦国時代から安土桃山時代にかけて、薩摩・大隅半島を拠点に一時は九州統一の目前まで迫る強さを誇った、島津氏。そんな薩摩武士は戦場まで兵糧として豚を連れて行くほどの豚肉好きでした。

というのも、もともと豚肉食が普及していた琉球王国と貿易交流していたことや、桜島の火山灰が堆積したシラス台地は痩せていて農業に適していなかったことなどの地理的要因が、鹿児島で豚肉食が普及した理由のひとつ。

当時の日本は、仏教思想から肉食は厳禁。そのため猪を「山鯨」と呼んだり、うさぎを一羽二羽と鳥の数え方で呼んだと言われていますが、それと同じく薩摩武士は豚のことを「歩く野菜」と呼んでいたそうです。

単に呼び方を変えることで当時のタブーを逃れていただけでなく、きっと彼らにとっては野菜のように滋味溢れ、健康を保つためのものだったのでしょう。

6437922051981312
©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、グルメスタジアムより。

Top image: © Makoto Kujiraoka
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
鹿児島県の加工品のお土産を9選ご紹介。いずれも「ご飯に合いそうな加工食品」ばかりです。薩摩黒豚を使ったハンバーグや味噌漬けなど鹿児島らしいものから、たけの...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
沖縄の郷土料理「イナムドゥチ」は、言うなれば具沢山の味噌汁のこと。お祝い行事やハレの日にふるまわれるお椀として、古くから島の人々に愛されてきた味です。この...
「手羽先の唐揚げ」は油でカリッと揚げたあと、甘辛い秘伝のタレとスパイス、ゴマを振っていただきます。皮のパリっとした食感とジューシーな肉のうま味、さらにゴマ...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...