山奥まで分け入ってでも食べたい、宮城・仙台の「三角定義あぶらあげ」

おいなりさんやおでんの巾着、きつねうどんなど、あぶらあげを使った料理は私たちの生活に欠かせません。でも「あぶらあげ」の本当のおいしさを味わうには、揚げたてにしょうゆと七味をかけてそのまま食べるのが一番。

宮城県・仙台の山奥には、そんな絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があるんです。

トンネル抜けたら
「定義さん」の隠れ里

4839562991894528
©2018 Makoto Kujiraoka

仙台市の中心部から西に車で延々山道を入っていくと、巨大な大倉湖が現れます。ほとんど車も通らないような山奥に、「定義(じょうげ)」と呼ばれる地域があります。平安時代の末期、壇ノ浦の戦いに敗れた平貞能(さだよし)が名を「定義(さだよし)」と改名して隠れ住んだとされている土地で、それを音読みして「じょうぎ」になり、さらにそれが仙台弁で訛って「じょうげ」と呼ばれているそうです。

その平貞能が安置したとされる阿弥陀如来像が「定義如来」です。定義山の山門へと続く道にお店を構える「定義とうふ店」は、120年ものあいだ精進料理用の豆腐を製造してきました。

店頭で参拝客にあぶらあげを販売していたところ、そのおいしさが話題になり、今ではあぶらあげを目的に県外からも観光客が訪れるほどになったとか。

三角定義の形をした
あぶらあげ

4915291855257600
©2018 Makoto Kujiraoka

三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付けられました。一度食べたら忘れられないインパクトのある味と名前です。

厚さ3cmほどもあるそのボリュームと、外はサクサク、中はふわふわの食感。しょうゆと七味でシンプルにいただきましょう。ひとくち食べたら大豆の旨味が口の中いっぱいに広がり、その場でペロリといけるはず。

通信販売で購入することもできますが、おいしい水とおいしい空気、すべて手作業で作られる熱々のあぶらあげは現地でしか味わえません。もちろん、おみやげに買って帰れば様々な料理に使えますし、そのまま食べてもおいしいのでご飯のお供にも最適ですよ。

5409883646066688
©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、定義とうふ店より。

Top image: © Makoto Kujiraoka
もともとソウルフードとは、アメリカ南部で黒人奴隷たちが、通常は捨てられる食材をなんとか食べられるように加工した料理のこと。チタリングス(豚のモツ)やハムホ...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。「みまから」の原料は、古くからこの美馬地方で栽培...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
山形県の鶴岡市立加茂水族館から登場した「あるお土産」が、若い女性を中心に人気を集めています。というのも、美味しいうえに見た目がなんとも印象的。
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、ここではさらに歴史も黒色も深い...
「あけがらし」は、山形県長井市の老舗醸造所の「山一醤油」の女性だけに製法が伝わる、秘伝の食べ物。かつては男衆に見つからないよう、みなが寝静まった深夜に一族...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。