【岡山県】雑魚あつかいのサッパが、おいしい主役になる「ままかり」

料理の基本の「さしすせそ」のなかでも、お酢ってイマイチ影が薄い気がしませんか?「そんなことはない」と思ったアナタ、ひょっとして岡山県出身? じつは全国でも酢の消費量がトップクラスだったほど、岡山県民はお酢が大好き。

そんな岡山には、すいー(酸っぱい)ものがぎょうさん(たくさん)あるんです。

ままかりは豊かな瀬戸内が生んだ
“すいー” 海の幸

5730420326924288
©Makoto Kujiraoka

瀬戸内海は潮の流れが速く、プランクトンが豊富。さらに内海なので、古くから海路として使われてきたほど、波もおだやかで漁業も盛んです。そんな豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」でしょう。

サッパとは、汽水域に生息するニシン科の魚で、見た目はコハダとそっくりな魚。では江戸前鮨のネタとして一般的かというと、そうではありません。他の地域でもキイワシ(石川)、ハラカタ(大阪)、ハダラ(福岡)など、地域によって違う呼び名を持っていますが、どちらかというと雑魚扱い。

いっぽう岡山では「家のご飯(まま)を食べきって、隣の家からご飯を借りてしまうほどおいしい」という意味で「ままかり」と呼ばれ、愛されているんです。

「サッパ」をサッパリ食べる
瀬戸内の知恵

6567133509058560
©Makoto Kujiraoka

この「ままかり」、岡山県では酢漬けにして食べるのが一般的。

というのも、サッパは青魚の例にもれず、足の早い魚。酢で締めることで保存性を高めつつ、旨味も増し、小骨も柔らかくなって、青魚独特の臭みを抜くこともできます。

そして実は、ままかりことサッパの名前の由来は「さっぱりした味わいだから」だそう。初夏に旬を迎えたサッパを酢で締めて一層サッパリさせれば、食欲の落ちる夏場だろうがなんだろうが、ままを借りてでも食べたくなるのもうなづけます。

岡山の人たちのお酢を愛してやまない心が、サッパをままかりへと進化させたのかもしれません。

5505482554867712
©Makoto Kujiraoka

購入は、志ほやより。

Top image: © Makoto Kujiraoka
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...