【大分県】漁師のまかない食が郷土料理に進化。「りゅうきゅう」に海鮮マニアも唸る

大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。

ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう」は、元々は漁師さんたちのまかない飯でしたが、そのあまりの手軽さとおいしさに、家庭でも食べられるようになったそうです。

大分なのに
「りゅうきゅう(琉球)」!?

4952743835860992
©2018 Makoto Kujiraoka

「りゅうきゅう」のルーツは諸説あり、現在では誰が名付けたのか正確にはわかっていません。しかしもっとも有力なのは、大分の漁師さんが沖縄の漁師さんから作り方を教わって持ち帰って広めた、という説。

お店によっては「琉球」と漢字でメニューに載っているお店もあるそうですよ。

他にはゴマで和えることから「利休和え」→「りきゅうあえ」→「りゅうきゅう」となったという説や、切り身の端っこを日本列島の端っこにある沖縄県に見立てて「りゅうきゅう」と名付けた、という説もあります。

丼ものも茶漬けも!
海鮮好きを唸らせる郷土料理

5804577718796288
©2018 Makoto Kujiraoka

贅沢にご飯の上に乗せた「りゅうきゅう丼」、そしてもちろん「りゅうきゅう茶漬け」も美味。残り物とはいえ、地元の漁港で獲れた新鮮な海の幸、海鮮好きにはたまらない逸品です。

ご飯やお酒によく合うことから、郷土料理として提供するお店も多いようです。

余った刺身の切り身が
ご馳走に

「りゅうきゅう」に使われる魚は特に決まっていません。主にぶり、さば、あじ、かんぱち、タイなど、余った魚の切り身が使われます。醤油やみりん、酒などで漬け込み、ゴマや生姜で和えて、ネギやわさび、生卵など好みで味を整えれば完成です。

家庭や店によって若干、作り方や味は変わってきます。昔は冷蔵庫も小さく、保存するためにタレに漬け込む必要がありましたが、現在お店で提供されている「りゅうきゅう」の多くはその必要がないため、タレに漬け込まず、和えているだけのものが多いそう。

そうすることで見た目もよくなるし、柔らかい食感を残すことができるのだとか。

5820352328368128
©2018 Makoto Kujiraoka
Top image: © Makoto Kujiraoka
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
シンクロと大分県のバラエティ豊かな温泉を掛け合わせたユニークで斬新な「シンフロ」動画で世界を沸かせた大分県が、今回またも本気で挑んだ動画は、温泉で繰り広げ...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...