漁師のまかない食が郷土料理に進化した、大分「りゅうきゅう」

大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。

ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう」は、元々は漁師さんたちのまかない飯でしたが、そのあまりの手軽さとおいしさに、家庭でも食べられるようになったそうです。

大分なのに
「りゅうきゅう(琉球)」!?

4952743835860992
©2018 Makoto Kujiraoka

「りゅうきゅう」のルーツは諸説あり、現在では誰が名付けたのか正確にはわかっていません。しかしもっとも有力なのは、大分の漁師さんが沖縄の漁師さんから作り方を教わって持ち帰って広めた、という説。

お店によっては「琉球」と漢字でメニューに載っているお店もあるそうですよ。

他にはゴマで和えることから「利休和え」→「りきゅうあえ」→「りゅうきゅう」となったという説や、切り身の端っこを日本列島の端っこにある沖縄県に見立てて「りゅうきゅう」と名付けた、という説もあります。

丼ものも茶漬けも!
海鮮好きを唸らせる郷土料理

5804577718796288
©2018 Makoto Kujiraoka

贅沢にご飯の上に乗せた「りゅうきゅう丼」、そしてもちろん「りゅうきゅう茶漬け」も美味。残り物とはいえ、地元の漁港で獲れた新鮮な海の幸、海鮮好きにはたまらない逸品です。

ご飯やお酒によく合うことから、郷土料理として提供するお店も多いようです。

余った切り身が
ご馳走に

「りゅうきゅう」に使われる魚は特に決まっていません。主にぶり、さば、あじ、かんぱち、タイなど、余った魚の切り身が使われます。醤油やみりん、酒などで漬け込み、ゴマや生姜で和えて、ネギやわさび、生卵など好みで味を整えれば完成です。

家庭や店によって若干、作り方や味は変わってきます。昔は冷蔵庫も小さく、保存するためにタレに漬け込む必要がありましたが、現在お店で提供されている「りゅうきゅう」の多くはその必要がないため、タレに漬け込まず、和えているだけのものが多いそう。

そうすることで見た目もよくなるし、柔らかい食感を残すことができるのだとか。

5820352328368128
©2018 Makoto Kujiraoka
Top image: © Makoto Kujiraoka
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
シンクロと大分県のバラエティ豊かな温泉を掛け合わせたユニークで斬新な「シンフロ」動画で世界を沸かせた大分県が、今回またも本気で挑んだ動画は、温泉で繰り広げ...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
「あけがらし」は、山形県長井市の老舗醸造所の「山一醤油」の女性だけに製法が伝わる、秘伝の食べ物。かつては男衆に見つからないよう、みなが寝静まった深夜に一族...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
せんべい汁は青森県八戸市を中心に、青森県南〜岩手県北周辺で食べられてきた郷土料理。鍋専用の南部せんべいを鍋の中に割り入れて煮込むと、美味しい出汁がしみ込ん...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。遡ること約400年前、江戸時代初期に「からしれんこん」は生...
地方の自然、環境、風土などの条件下で育まれてきた、知恵の集積である「郷土料理」。地方の過疎化に伴い、代々受け継がれてきた味は全国各地で消えつつある。そんな...