【熊本県】アレンジレシピもあり。殿様も元気になった郷土料理「からし蓮根」

熊本県には、熊本ラーメン・馬刺し・いきなり団子・だご汁……などいろいろなご当地グルメがありますが、今回紹介したいのは「からし蓮根」。

「れんこん」のシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜ける「からしみそ」の香りは、ご飯もお酒もすすみます。

まずはそのルーツから辿りましょう。

400年の歴史あり
「からし蓮根」は門外不出だった

遡ること約400年前、江戸時代初期に「からし蓮根」は生まれました。

病弱だった熊本藩主・細川忠利に、滋養強壮のため献上されたものが発祥と言われています。忠利は父親から「もっとバランスのとれた食事をしなさい」と怒られる書状が残っているほど、周囲が健康管理に気をつかっていたようです。からし蓮根のスパイシーな味に、きっと病弱なお殿様も箸が進んだことでしょう。

また、輪切りにしたときの断面が細川家の家紋に似ているために秘伝料理とされ、現在のように一般的に食べられるようになったのは明治維新のあとだそうです。

殿様も試したかったはず?
アレンジ「からし蓮根」

実際にれんこんにはデンプンや食物繊維だけではなく、ビタミンCや鉄、ビタミンB12が含まれていて、鉄とビタミン12には造血作用があるので、貧血改善などにも効果的な食材。

そのまま食べても美味しい「からし蓮根」ですが、こんなアレンジもおすすめです。

・電子レンジで温める。
→よりからしの香りが強くなるので、もっとパンチが欲しい人にはおすすめ。

・マヨネーズをつける
→逆に辛いのが苦手な方は、マヨネーズをつけるとマイルドになって食べやすくなりますよ。

忠利は藩内で国産ワインの醸造を手がけるほど新しいもの好きだったお殿様。もし江戸時代にマヨネーズがあったら、きっと試してみたかったことでしょう。

購入は、高見商店より。

Photo byMakoto Kujiraoka
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました

関連する記事

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
熊本県山鹿市在住の宮川さんが撮る風景写真が、かっこよくてかわいくて、時々シュールです。基本スタイルは「宮川さんと柴犬・しじみちゃんの背中@熊本のどこか」。...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...