【秋田県】「いぶりがっこ」とクリームチーズの組み合わせは、最高のつまみになる

東北の出身であれば、いぶりがっこを知らないと言うことはないでしょう。でも、関西以西なら…知らなくても無理はありません。

いぶりがっこは、簡単に言えば燻った大根。「がっこ」とは秋田の方言で「漬物」のことで、秋田県南部では古くから「いぶり漬け」と呼ばれ愛されてきました。スモークはオシャレなキャンプ料理だけではなく、日本の歴史にも根付いているのです。

いぶりがっこ人気は
海外でも上昇中

©2018 Makoto Kujiraoka

和食のイメージが「いぶりがっこ」ですが、じっくり燻製された大根は実はチーズとの相性が抜群なんです。

強烈な燻製の香りのなかに甘酸っぱい大根の香りが混ざり、なんとも香ばしい。そして、たくあんとはまた違った歯ごたえ、噛めば噛むほど口のなかに燻製の風味が広がります。

いぶりがっこ×クリームチーズが
たまらない

©2018 Makoto Kujiraoka

もちろん「いぶりがっこ」そのもののおいしさも味わってもらいたいところですが、この秋田の伝統料理とクリームチーズの合わせ技は海外でもとかく好評で、近年ではダイニングにも載るようになってきました。

秋田の寒い冬に生まれた
家庭の「いぶり漬け」

©2018 Makoto Kujiraoka

秋田南部では深い山々に囲まれ日照時間が少なく、雪も多いため大根を干して乾燥させることができませんでした。そこで考え出されたのが、屋内の梁に吊り下げて囲炉裏の熱と煙で燻す方法。始まりは室町時代とも言われ、昭和30年頃に薪ストーブが普及し、家庭から囲炉裏が姿を消すまで、この「いぶり漬け」はほぼすべての家庭で作られていたと言います。

近年では囲炉裏を持つ家が減少したことから、「いぶりがっこ」を商品として復活させた「雄勝野きむらや」をはじめ、専用の燻製設備を持つ業者が生産しており、「いぶりにんじん」や「いぶりたくあん」など様々な特産品が生まれています。

また、秋田県の横手市では年に1度、商品のPR活動の一環として「いぶりんピック」も開催されていて、いぶりがっこの味を競い合っているそうです。

©2018 Makoto Kujiraoka

ご購入は、雄勝野きむらやより。

Top image: © Makoto Kujiraoka
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。