【秋田県】「いぶりがっこ」とクリームチーズの組み合わせは、最高のつまみになる

東北の出身であれば、いぶりがっこを知らないと言うことはないでしょう。でも、関西以西なら…知らなくても無理はありません。

いぶりがっこは、簡単に言えば燻った大根。「がっこ」とは秋田の方言で「漬物」のことで、秋田県南部では古くから「いぶり漬け」と呼ばれ愛されてきました。スモークはオシャレなキャンプ料理だけではなく、日本の歴史にも根付いているのです。

いぶりがっこ人気は
海外でも上昇中

©2018 Makoto Kujiraoka

和食のイメージが「いぶりがっこ」ですが、じっくり燻製された大根は実はチーズとの相性が抜群なんです。

強烈な燻製の香りのなかに甘酸っぱい大根の香りが混ざり、なんとも香ばしい。そして、たくあんとはまた違った歯ごたえ、噛めば噛むほど口のなかに燻製の風味が広がります。

いぶりがっこ×クリームチーズが
たまらない

©2018 Makoto Kujiraoka

もちろん「いぶりがっこ」そのもののおいしさも味わってもらいたいところですが、この秋田の伝統料理とクリームチーズの合わせ技は海外でもとかく好評で、近年ではダイニングにも載るようになってきました。

秋田の寒い冬に生まれた
家庭の「いぶり漬け」

©2018 Makoto Kujiraoka

秋田南部では深い山々に囲まれ日照時間が少なく、雪も多いため大根を干して乾燥させることができませんでした。そこで考え出されたのが、屋内の梁に吊り下げて囲炉裏の熱と煙で燻す方法。始まりは室町時代とも言われ、昭和30年頃に薪ストーブが普及し、家庭から囲炉裏が姿を消すまで、この「いぶり漬け」はほぼすべての家庭で作られていたと言います。

近年では囲炉裏を持つ家が減少したことから、「いぶりがっこ」を商品として復活させた「雄勝野きむらや」をはじめ、専用の燻製設備を持つ業者が生産しており、「いぶりにんじん」や「いぶりたくあん」など様々な特産品が生まれています。

また、秋田県の横手市では年に1度、商品のPR活動の一環として「いぶりんピック」も開催されていて、いぶりがっこの味を競い合っているそうです。

©2018 Makoto Kujiraoka

ご購入は、雄勝野きむらやより。

Top image: © Makoto Kujiraoka
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました

関連する記事

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
秋田県北東部、青森・岩手の県境に接する鹿角市(かづのし)。かつては鉱山によって栄えた過去を持ち、現在はきりたんぽ発祥の地とされている。「“たんぽ”は、家で...
クラフトジンの人気が加速するなか、爽やかな秋田杉の香りを楽しめるジンが登場。今週25日に「秋田杉GIN」が全国で発売される。
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
「忘れかけてた 恋しい景色 小さな手を握りしめて 行こう 帰ろう」。そんな優しい歌とともに始まる、秋田県を題材にした動画をご紹介。切り取られたのは、家族で...
ここ数年、地方の魅力を発信するムービーを数多く見かける。ときにそれはネットを通して世界中を駆け巡り、海外から「amazing!」の声が届くこともしばしばだ...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
都内からも近く、ご当地グルメもたくさんあり、自然溢れる観光資源に恵まれた街「山梨県」の魅力をお届けします!
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
日本全国から選りすぐりの「ご当地おつまみ」が届くサブスクサービス「ツマミクル」の予約販売が、今月1日よりスタート。昨今の「家飲みを充実させたい」というニー...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。激辛薬味「みまから」の原料は、古くからこの美馬地...
千葉人気が急上昇している今だからこそ、どこにお出かけしようか迷っている方におすすめしたい「知る人ぞ知る千葉県にある穴場グルメ」をご紹介。
湯治とは、まだ医療が今ほど発達していなかった時代において、温泉で病を治したという温泉療法のこと。1週間から10日間ほど温泉地に滞在しながら療養することと定...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...