【滋賀県】意外と知られてない鴨の本場、長浜市の「鴨みそ」

滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を提供するお店が多く集まり、鴨すきや鴨ロース煮といった郷土料理が食べられます。

なかでも、天然の真鴨にも負けない合鴨の端肉を使って作られる「鴨みそ」が、これまたご飯に合うんです。

合鴨ロースの旨味たっぷり
贅沢な肉みそ

©2018 Makoto Kujiraoka

「鴨みそ」は、ニンニクと玉ねぎをみじん切りにして炒めて、合鴨ロースの切り落とし肉を混ぜて炊き込み、味噌で和えたものを砂糖、醤油、お酒で味を整えたら完成。

贅沢な合鴨ロースの旨味が凝縮されていて、白いご飯が止まらなくなる一品になります。

©2018 Makoto Kujiraoka

もちろん全国各地の名物みそと同様、おにぎりの具としても活躍するし、野菜スティックやお豆腐、パンにもよく合います。

ちなみに、「鴨みそ」にオリーブオイルを混ぜることでドレッシングとしても使えます。

「鴨肉」が魚屋さんで
売られていた?

琵琶湖は渡り鳥の越冬地にもなっていて、漁師さんが魚を穫るために網を張ると一緒に鴨が掛かることが多く、かつては魚屋さんの店頭に鴨肉が並んでいることも珍しくなかったそうです。

琵琶湖で穫れる天然の真鴨はとてもおいしいのですが、高価。そこで「一湖房」ではローコストでその味に近づけるための研究を重ね、通常よりも長い月日をかけて飼育された合鴨を使用しているそうです。

鴨肉独特の旨味と弾力のある食感を実現し、真鴨の味に慣れている長浜人も納得する合鴨が完成したんですね。

©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、一湖房より。

Top image: © Makoto Kujiraoka
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました

関連する記事

秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
605年に聖徳太子が創建したとされる、滋賀県の「教林坊」。この隠れ里では、紅葉の時期になると、敷地内のもみじの大木が一斉に真っ赤に染まる。11月1日からは...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...

人気の記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...