【千葉県】復活した成田山の名産品、「てっぽう漬け」がうまい

千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、関東だけでなく全国からたくさんの参拝者が訪れます。

その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」。でも実はこのてっぽう漬けに使われている成田産の白瓜(しろうり)には、一度完全に生産できなくなってしまった過去があったのです。

歯ごたえが忘れられない
千葉の「てっぽう漬け」

©2018 Makoto Kujiraoka

成田市では古くから多くの農地が白瓜を生産しており、てっぽう漬けが作られていました。ところが昭和40年代に成田国際空港の開発が進むと、白瓜を作っていた農地はどんどん減っていき、結果として成田市では一度白瓜の生産が完全に途絶えてしまったのです。

現在、てっぽう漬けの多くには外国産の白瓜が使われたり、代わりにきゅうりを使ったものも作られています。しかし、外国産の白瓜には国産のような歯ごたえのある食感がなく、てっぽう漬け本来のおいしさは再現できませんでした。

そんな現状を憂いたJA成田市と地元の漬物業者さんが立ち上がり、再び成田市で白瓜の生産を始めたのです。昔に比べればまだ生産量は多くないそうですが、成田山新勝寺へ続く表参道では、この国産の白瓜を使ったてっぽう漬けをお土産として買って帰る人が多く、成田山の名物のひとつになっています。

甘じょっぱさがクセになる
ご飯やお茶漬けのお供

©2018 Makoto Kujiraoka

てっぽう漬けは白瓜の真ん中の種の部分を切り抜き、そこにシソを巻いた青唐辛子を入れ、お醤油やみりんで漬けたもの。カリカリした国産白瓜の食感とシソの爽やかな風味、青唐辛子のピリッとした辛味を同時に楽しむことができ、ご飯やお茶漬けとの相性は最高です。

さらに、青唐辛子の辛さが苦手な子どもでも食べやすいように、シソと青唐辛子が入っていない、中身が空洞のものも販売されています。

気になる名前の由来ですが、その見た目から来ています。周りの白瓜の部分を鉄砲の筒に、中の青唐辛子を弾丸に見立てているわけですね。同じように白瓜の中に野菜を入れた漬物として、岩手の「金婚漬け」や三重の「養肝漬け」なども有名です。

©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、ちば醤油より。

Top image: © Makoto Kujiraoka
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました

関連する記事

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
千葉人気が急上昇している今だからこそ、どこにお出かけしようか迷っている方におすすめしたい「知る人ぞ知る千葉県にある穴場グルメ」をご紹介。
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
北海道ではなく千葉県で開発された「ながらとガラナ いろはにほへと」は、「スッキリした喉ごし」と「ガラナ特有の風味」を実現しながらもクセを抑えた、誰もが飲み...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
世界でもっとも長い爪を持つ米・テキサス州在住のアイアナ・ウィリアムスさんが、ついにその爪を切る決断をしたらしい。約30年間伸ばし続け、全長7.3mに到達し...
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
秋田の「いぶりがっこ」は、簡単に言えば燻った大根。「がっこ」とは秋田の方言で漬物のことで、秋田県南部では古くから「いぶり漬け」と呼ばれ愛されてきました。こ...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた神奈川・小田原市の名産「ほととぎす巻」。落花生...
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...