【山口県】コリコリ食感がたまらない「寒漬」は、山口の冬の風物詩

山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風にたなびく干し大根は冬の風物詩にもなっています。

現在では、高齢化と手間がかかることから家庭で作る人も減ってきていますが、山口県民にとっては、なくてはならない故郷の味なんです。

かけた手間の分だけ
濃縮された「寒漬」のうまみ

©2018 Makoto Kujiraoka

寒漬を作るのはとても手間と時間がかかります。

1. 冬季に収穫した大根を塩漬けにする
2. 櫓(やぐら)に吊るし、約3ヶ月にわたって冬の冷たい風にさらして干し上げる
3. 干し上がった大根をローラーで平たく伸ばし、叩いたらカチカチと音がするまで完全に乾燥させる
4. 袋に入れて一ヶ月ほど貯蔵し、しんなり熟成させる
5. 1〜2ミリほどに切って醤油やみりん、砂糖などで1週間ほど漬け込む

漬け上がった寒漬は飴色に輝き、醤油と砂糖の甘じょっぱい香りが食欲を誘います。時間と手間を惜しまず漬け込まれた寒漬は、素朴ながらも深い味わい。コリコリした食感を楽しみながら白いご飯と一緒に食べるのはもちろん、カレーの付け合せやお茶受け、巻き寿司の具など、食べ方は様々です。

「給食の寒漬が忘れられない」
引き継がれる、山口の味

©2018 Makoto Kujiraoka

寒漬に使われる大根は、すべて山口県産のもの。「地産地消」を合言葉に、道の駅などを通して地元の野菜や特産物の販売にも力を入れていて、生産者と消費者の距離が近いことも伝統を守っていくためにひと役買っています。

また、寒漬づくりが盛んだった山口県阿知須地域では、小学校の給食でも食べられていたそうです。「子供の頃に給食で食べた寒漬の味を、自分の子供にも食べさせたい」と、後継者不足などから一度は途絶えてしまった寒漬づくりを、残された機械などを受け継ぎ、手探りながらも思い出の味を復活させようとする動きもあるんです。

©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、大黒屋より。

Top image: © Makoto Kujiraoka
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました

関連する記事

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
山口県宇部市に誕生する「maison owl(メゾン・アウル)」は、シェフの隠れ家にゲストを招き、素材を感じるフレンチを振る舞う洞窟のようなレストラン。
「渋谷パルコ」のギャラリー併設ショップ「2G」にて、展覧会「HARUMI’S WINTER」が開催される。同展は、山口はるみの作品にYOSHIROTTEN...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。
20年以上も山口県民に愛される、下関発のソウルフード。『下関もずくセンター』の「もずくスープ」。
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
こんにちは。クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」でローカルフードを担当している菅本香菜です。副業では、旅するおむすび屋「むすんでひら...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
都内からも近く、ご当地グルメもたくさんあり、自然溢れる観光資源に恵まれた街「山梨県」の魅力をお届けします!
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
誰もがうなづく海の宝、三陸の四季の味をギュギュッと詰め込んだのが岩手県の「三陸海宝漬」。三陸沖は南から黒潮が暖かい地域の魚を、北からは親潮が寒い地域の魚を...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。激辛薬味「みまから」の原料は、古くからこの美馬地...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、歴史も黒色も深い「黒作り」を紹...
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...