【兵庫県】肉の街、神戸で生まれたソウルフード「ぼっかけ」

お好み焼きといえば、薄く伸ばした生地にたっぷりのキャベツと中華麺を使った、広島風? それとも、生地に具材を混ぜ込んで焼き上げる関西風? 広島出身の人に言わせると、

「関西風お好み焼きはあるが、広島風お好み焼きなんてものはない! お好み焼きは広島のやり方こそが正統派なのだ」

と、熱っぽく語りますが、ちょっと待ってください。それだけではありません。実は兵庫県に “神戸風” なんてものもあるんです。

お好み焼き×ぼっかけで
最強ローカルフードが完成

©2018 Makoto Kujiraoka

神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。

もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、捨てられることの多かった牛すじをおいしく食べるために明治頃に誕生。戦後の食糧難の時代、長田区を中心に広まっていった、と言われています。

ご飯と一緒におかずとして食べるのはもちろん、発祥の地である長田区では焼きそばやお好み焼きの具材として使ったりと、「ぼっかけ」はマルチに活躍してくれる頼もしい存在です。

地元のお好み焼き屋さんでは単品で提供していることも多く、言ってみれば串カツ屋におけるドテ焼きのような、名バイブレイヤー。

お好み焼きフリークは
兵庫に来たれ

©2018 Makoto Kujiraoka

他の地方出身者が驚く関西の食文化の例として「お好み焼き定食」が挙げられますが、さらに「ぼっかけ」もプラスして白ごはんにぶっかけて食べつつ、お好み焼きをパクつけば、低糖質ダイエットが裸足で逃げ出すほどの満腹感。

ちなみに、兵庫では広島風と同じように生地を薄く引いてからキャベツを乗せる方法は「べた焼き」や「うす焼き」「洋食焼き」と呼ばれていて、こちらの作り方も関西風と同じくらい一般的。

地理的にも広島と大阪のちょうど間なので、広島風と関西風の両方が楽しめる、粉物好きにはたまらない場所なのです。

©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、エム・シーシー食品より。

Top image: © Makoto Kujiraoka
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
兵庫県丹波市で、2018年4月に誕生したばかりの「丹波プルドポークバーガー」を食べてきました。いただけるのは「丹波悠遊の森」のなかにあるレストラン「BBQ...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
「最高峰の小豆(あずき)・幻の品種」をいただけると聞き、兵庫県の丹波市へ。どうやら小豆界におけるトップオブトップは「丹波黒さや大納言小豆」らしいのです。さ...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...