「長崎新聞」の配達が、世界一美しい理由

長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、というのも、字幕にはこのように出てくるのです。

午前0時15分、街のにぎわいも落ち着くころ、新聞の印刷がはじまる―。FireShot Capture 442 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch22_RFireShot Capture 445 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch13_RFireShot Capture 454 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch7_RFireShot Capture 455 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch9_RFireShot Capture 453 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch66_R実はこの動画、長崎新聞の配達ルートをデータMAP化する「The Way」プロジェクトに関するもの。急な坂道で入り組んだ市街地や594の離島、総延長4,189kmの海岸線といった、およそ日本でもっとも複雑な交通網をかかえる長崎県。そこで働く配達員2,285名による日々の軌跡が、美しい景色とともに映し出されます。FireShot Capture 471 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch41_RFireShot Capture 476 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch57_RFireShot Capture 478 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch59_RFireShot Capture 479 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch61_RFireShot Capture 480 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch70_RFireShot Capture 482 - How to deliver the newspaper in Nagasaki, Ja_ - https___www.youtube.com_watch71_R本プロジェクトでは、配達員にGPS受信機を配布し、印刷センターから県内各地へ広がっていく長崎新聞の配達データを収集。そうして地図データ上に集約・配置することで、配達の軌跡を可視化するビジュアライズMAPを制作したというわけ。その光の美しさは一見の価値アリです。FireShot Capture 486 - The Way|長崎新聞配達ルート データMAP化プロジェクト - http___nagasaki-theway.com_101_RFireShot Capture 485 - The Way|長崎新聞配達ルート データMAP化プロジェクト - http___nagasaki-theway.com_98_R世界中のニュースが即座に飛び込んでくるこの時代に、情報を直接配達することの意味とは?そして「ハイパーローカルメディア」として、地域に密着することの意義とは?

これらの問いに対して、長崎新聞が改めて日々の営みを再確認し、実施へと至った本プロジェクト。彼らが導き出したその答えを、ぜひ以下の動画でチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by 長崎新聞社

カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
「鯛茶漬」というと濃いゴマだれをベースにした味を想像するかもしれませんが、長崎名物の鯛茶漬けはひと味違います。壱岐島(いきのしま)では、漁港で水揚げされた...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
長崎県の南東部にある島原半島。その中心街である島原市の駅裏に店を構える「島原むすびす」は、地元で採れた季節の食材を使った手作りおむすびが自慢の専門店。
香港の企業がローンチした「Breakup Tours」はちょっと変わった旅行サービス。ツアーのターゲットはなんと......“失恋した人”。
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
異国文化の窓口として400年以上の歴史をもつ長崎から、日本伝統の「ふんどし」の魅力を発信するお店『TeRAYA』にお邪魔しました。
「ひとりのお客さんとして、無人島に遊びに行く」。確かにそれもいいかもしれない。でも長崎県・大村湾に浮かぶ田島では、井戸づくりや古民家修復、無農薬野菜の栽培...
「ANAホールディングス」と五島市は「自律制御システム研究所」「NTTドコモ」などと協力し、長崎県五島市における有人島間のドローンを用いた物流網の構築を目...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
Netflixの番組「Tidying Up with Marie Kondo」で世界的に有名になった近藤麻理恵さん。イスラエルの新聞「Haaretz」も注...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
アメリカのライフハック紹介サイト「WonderHowTo」で発見した、簡単に包丁を研ぐ方法をご紹介。使用するのは古新聞、これだけ。覚えておいて損はしません...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
今注目の、奄美・徳之島で作られる「国産コーヒー」を一番美味しく飲む方法を紹介。それは現地の空気を感じながら飲むこと。そこに暮らす生き物や人、日常の景色、時...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Vladimir Cauchemarの『Aulos』です。
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
長崎県・玄界灘に浮かぶ島「壱岐島」の港町である芦辺浦という地域。この地である夢を叶えようと奮闘する夫婦が暮らしています。妻は海女、夫は釣り師海に囲まれ、島...
長崎銘菓クルス缶は、1964年に発売され、作ったそばから売り切れる大人気商品だったとか。
これらのオブジェは、すべて古新聞や古紙で作られている。そう言われても、にわかには信じがたいほど、立体的で重厚感のある動物たち。いま、日本人アーティストの作...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...