大麻合法化の盲点!?カナダの新聞社が学校への配達をSTOP

10月17日に嗜好用マリファナが合法化されたカナダ。この解禁の背景には、闇ルートで取引されるマリファナを減らし、麻薬組織に流れる資金を抑えたり未成年の使用を防いだりする狙いがあるそう。

そんな中、カナダの新聞社「Regina Leader-Post」は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているため。安易にそれらを露出してしまうことが、未成年の薬物乱用のきっかけになる可能性もありますからね。

カナダでは小売業者などには厳しいルールを設けているけど、広告規制はまだまだ改善をしなければいけない様子。マリファナ合法化の影響って、新聞配達にも関わってくるんですね。ちょっと盲点でした。

Top image: © iStock.com/Sezeryadigar
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
大麻に関わる情報を地図を元に提供する「Weedmaps」、大麻版アマゾン「Leafy」、大麻ビジネス版セールスフォース「Baker」、大麻版UberEAT...
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
Netflixの番組「Tidying Up with Marie Kondo」で世界的に有名になった近藤麻理恵さん。イスラエルの新聞「Haaretz」も注...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
カナダのニューファンドランド島にあるマウント・パール。何もないというこの町をラップにのせてディスりまくるPR動画が面白いと話題だ。
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...