日本ではあり得ない、カリフォルニア流の「電車マナー啓発」

事の発端は、サンフランシスコの鉄道BARTの中でマリファナを吸っていた男性が逮捕されたこと。この事件を受け、BARTの公式Twitterアカウントが、改めて車内マナーを見直すよう呼びかける方法が、予想の斜め上を行くものでした。

もし東京メトロが同じことをしたら、かなり話題になると思います。だって、「ラップ」で注意しちゃうんですもん。しかも、ロサンゼルスの交通機関Metroまで巻き込んで。

テーマは
「大麻を吸っている乗客」

「迷惑をかけないようにオレたちがリード
BARTでは禁止のウィード
 
吸ったら臭いが広がる
オマエなら説明したがる
教えてよ、ロサンゼルスのエピソード」

というニュアンスでBARTは投稿します。Metroの反応も良く、彼らもラップを披露します。

Metro

「オレらは大麻を合法化
でも、どこでも吸って良いのか

バスの中では
ダメなのでは
公共機関で吸うのは厳罰化」

SFBART

「う〜ん、30点かな」

Metro

「人がいるのは四方八方
満員電車なら注意しなきゃいけない作法

気を遣えるのが紳士
食べるのも禁止
耐えられないなら追放」

SFBART

「やるじゃん、100点」

運行情報を発信する公式アカウントでの、ユーザーを楽しませるようなカジュアルな掛け合いは、日本にはないアメリカの文化を表しているのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by © 2017 San Francisco Bay Area Rapid Transit District
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
大麻に関わる情報を地図を元に提供する「Weedmaps」、大麻版アマゾン「Leafy」、大麻ビジネス版セールスフォース「Baker」、大麻版UberEAT...
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
SOPH ONLINE STOREでみつけた「ファン付きパーカ」。爽快な着用感のために手元のスイッチ操作で、ファンが稼働し外気を取り入れることができます。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...