予想外の展開になった、カリフォルニアの大麻合法化

2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円(10億ドル)の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋を開けてみると、期待とは異なる結果が待っていました。

「Los Angeles Times」の記事によれば、2018年における州全体でのマリファナによる税収は約500億円(4億7200万ドル)。つまり、半分程度しかなかったということです。

たくさんの人がマリファナを楽しんでいるのは、アメリカメディアの記事や動画から見て取れる通り。でも、売り手は厳しい状況に置かれているそう。その理由についても、「Los Angeles Times」は説明しています。

例えば、ロサンゼルスは都市としてマリファナショップの営業を認めているものの、ビバリーヒルズなどのローカルエリアのルールではその存在は違法になってしまうとのこと。州が認めたからといって、どこでもビジネスができるわけではないのです。

また、高い税金も予想を裏切ることになった要素のひとつ。というのも、カリフォルニアとロサンゼルスへの税金があり、さらに地域にもお金を納めなければいけないといいます。

だから、解禁してから数年後には6000店くらいマリファナショップが営業するだろうという州の予測も、今のところは547店止まり。

カリフォルニアに暮らす友人にマリファナについて聞いてみると、「税金がかかりすぎているからブラックマーケットの方が安く買える」と言っていました。これも税収が低くなったことに影響しているのかもしれませんね。

Top image: © iStock.com/Yarygin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
大麻に関わる情報を地図を元に提供する「Weedmaps」、大麻版アマゾン「Leafy」、大麻ビジネス版セールスフォース「Baker」、大麻版UberEAT...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...