予想外の展開になった、カリフォルニアの大麻合法化

2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円(10億ドル)の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋を開けてみると、期待とは異なる結果が待っていました。

「Los Angeles Times」の記事によれば、2018年における州全体でのマリファナによる税収は約500億円(4億7200万ドル)。つまり、半分程度しかなかったということです。

たくさんの人がマリファナを楽しんでいるのは、アメリカメディアの記事や動画から見て取れる通り。でも、売り手は厳しい状況に置かれているそう。その理由についても、「Los Angeles Times」は説明しています。

例えば、ロサンゼルスは都市としてマリファナショップの営業を認めているものの、ビバリーヒルズなどのローカルエリアのルールではその存在は違法になってしまうとのこと。州が認めたからといって、どこでもビジネスができるわけではないのです。

また、高い税金も予想を裏切ることになった要素のひとつ。というのも、カリフォルニアとロサンゼルスへの税金があり、さらに地域にもお金を納めなければいけないといいます。

だから、解禁してから数年後には6000店くらいマリファナショップが営業するだろうという州の予測も、今のところは547店止まり。

カリフォルニアに暮らす友人にマリファナについて聞いてみると、「税金がかかりすぎているからブラックマーケットの方が安く買える」と言っていました。これも税収が低くなったことに影響しているのかもしれませんね。

Top image: © iStock.com/Yarygin
他の記事を見る
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、実際に吸ってみるとどんな感覚になるのかを女性たちが教えてくれます。彼女たちが話すのはセックス、健康、仕事について。
カリフォルニア州の田園風景の中で、ひっそりと大麻を育てている修道女がいる。「Sisters of the Valley」と呼ばれる彼女たちがつくっているの...
近年、“映え”目的のインスタグラマーやオールインクルーシブのパッケージツアーで参加する人が増えているそうです。
「うんちのドナー」なるものがあります。健常な人の糞便から腸内細菌を取り出し、消化器疾患などを抱えた人の大腸に移植するんだそうです。日本でも行われていますが...
大麻に関わる情報を地図を元に提供する「Weedmaps」、大麻版アマゾン「Leafy」、大麻ビジネス版セールスフォース「Baker」、大麻版UberEAT...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
様々なタフな現場で鍛え抜かれた高機能な「家電」を厳選してご紹介! 「京セラ」「HiKOKI」「マキタ」など注目メーカーのギア&アイテムが満載です。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(という...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。