日本人のほとんどが知らない、米・マリファナビジネス最前線(前篇)

「火をつけて この胸に お前の匂いを かぎたいぜ」

故忌野清志郎さん率いる覆面バンド、THE TIMERSが1898年にリリースした『タイマーズのテーマ』は、大麻を連想させるセンセーショナルな歌詞でロックファンの心を捉えた。

ただし、この歌を現代の日本のTVで歌うことは叶わないだろう。大麻と口にするだけで白い目で見られる。

何が悪くて禁止されているのか。我々日本人は大麻について何も知らない。清志郎さんが生きていたら教えてくれただろうか。

税収は100億円以上で
公共サービスに還元される

対してアメリカでは、年々大麻の合法化が広がっている。

2014年、コロラド州がアメリカ初の大麻合法化に踏み込んで以降、その流れは西海岸へも広がり、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州で相次いで解禁された。現在は、首都ワシントンD.C.および8つの州で娯楽用大麻の使用が許可されている。

「Pew Research Center」の調査では、アメリカ国民の61%が大麻は合法化されるべきと答えている。8つの州以外でも娯楽用大麻の解禁は進むだろう。

これは結果的に、ブラックマーケット撲滅と大麻の健全な使用にもつながる。そして何より企業や個人にとってのビジネス機会を創出し、ひいては自治体の収入源増加に貢献する。

2016年に大麻を合法化したオレゴン州政府は、ディスペンサリーと呼ばれるマリファナ販売店に17%の税を課している。

さらに各市・郡は3%まで課税することができる。つまり最大20%の税が大麻商品に課されることになる。日本の消費税が8%だと考えると、いかに高いかがわかるだろう。

ちなみに、2017年のオレゴン州では大麻による税収が100億円以上(850万ドル)もあった。同州はこれを学校教育や警察機関、リハビリ施設運営などの公共サービスに充てている。

当たり前になりつつある
「大麻ビジネス」

単に大麻ビジネスとっていても幅が広い。

前述したディスペンサリーは小売。さらに栽培業者、大麻版の車検検査を行うテスト業者、ディストリビューターと様々である。

これらはすべて認可制であるため、合法化された各州、各市では毎年数社ずつ選定している。苗の栽培に特化する人もいれば、これらの全ての運営に踏み込む企業もある。

テクノロジー業界も大麻ビジネスに参画している。大麻に関わる情報を地図を元に提供する「Weedmaps」、大麻版アマゾン「Leafly」、大麻ビジネス版セールスフォース「Baker」、大麻版UberEATS「Eaze」、大麻に関するメディア兼ソーシャルネットワーク「MassRoots」など。テクノロジーを利用した大麻スタートアップの出現は後を絶たない。

それもそのはず、まだいくつかの州でしか合法化されていなかった2016年に、すでに北アメリカ大陸の大麻ビジネス市場は約7300億円(67億ドル)に達していのだ。合法化の流れはこれからも続き、使用はよりカジュアルになるため、市場はさらに大きくなることが見込まれている。

出典:THE TIMERS 『タイマーズのテーマ』 作詞 TOMMY BOYCE/BOBY HART/ZERRY/TOPPI 作曲 TOMMY BOYCE/BOBY HART
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、実際に吸ってみるとどんな感覚になるのかを女性たちが教えてくれます。彼女たちが話すのはセックス、健康、仕事について。
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
カリフォルニア州の田園風景の中で、ひっそりと大麻を育てている修道女がいる。「Sisters of the Valley」と呼ばれる彼女たちがつくっているの...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録...
日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(という...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.43
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!