マリファナショップに強盗。オーナーは水パイプで応戦!

アドレナリン全開だったんでしょうね。

先日、3人の強盗がオンタリオのマリファナショップに押しかけました。そのうちの1人は催涙スプレーをオーナーに噴射。普通なら涙が止まらないはず……。

ですが、オーナーはカウンターの裏に一瞬隠れるも、ボング(水パイプ)を持って応戦をしたのです。とっさの行動だとしてもスゴい!

そして、「Get the fu*k out」と叫びながら立ち向かい、撃退に成功。無事お店を守ることができました。

Top image: © iStock.com/Noahrr25
【2018年版】世界の珍事件まとめ
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
10月20日、ベルギー・シャルルロワの電子タバコ専門店に、武装した6人の強盗が押し入りました。
アメリカで逮捕されたティーンエイジャー。銀行強盗を理由に逮捕されましたが、その逃走方法に時代性を感じます。
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
カナダ・バンクーバー発の『Hot Dog Water(ホットドッグ・ウォーター)』の紹介です。
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
クラフト・ハインツの「Mayochup」が、アメリカに続いてカナダにも登場。でも、一部の人たちの間で“笑われ者”になっているのだとか……。というのも、商品...
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
〈raregem(レアジェム)〉の「BANK ROBBER」。つまり、銀行強盗。ネーミングこそユーモラスですが、このレーベルのプロダクトは素材感を生かした...