友だちになった「246人のニコル」。そのきっかけは1通のメール

先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。

事の発端はカルロスさんという男性がある1人のニコルさんに好意を持ったことから。彼はバーで知り合ったニコルさんを家まで送るものの、もらった電話番号に連絡をしても通じなかったそう。

そして、正しい連絡先を聞くために大学中の“ニコル”という名前の女性宛てにメールを送信しました。その数が246人というわけ。すごい執念!

最終的にカルロスさんは当人を見つけることに成功し、今度カフェに行くことに。一方で、メールを受け取ったニコルさんたちはFacebookでグループを作り、偶然の出会いを大切にしようという理由で毎月集まることにしたそうですよ。

これって、誰も予想してなかった結果でしょうね。

Top image: © iStock.com/chinaface
【2018年版】世界の珍事件まとめ
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。今回のテーマは「友だち、そしてひとり旅に...
ある日、1通のメールが届いた。カレンダーとそのプロモーションムービーを制作したから見てほしいのだという。どうやら「アラスカの男たちのイメージを変えたい!」...
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
あなたは、1日何通のメールを送りますか?あなたの部署を合計すると?会社全体では?毎日、世界中で数え切れないくらい送られている電子メール。それは、全世界合わ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。