どういうセンス!?15世紀の聖母子像がネオンカラーに……

スペインのキリストを描いた絵画が素人による修復でサルのようになった……と話題になったのは2012年。インパクトの強さゆえに、今でも覚えている人は多いのではないでしょうか。

またもやスペインで同じような悲劇が!

今回は15世紀に作られた聖母子像がネオンカラーに塗られてしまったそうです。ちゃっかりアイラインまで引かれてます(苦笑)。

もちろん修復にあたった女性は教会からの許可を得ていたそうですが、それにしてもウケを狙ったとしか思えない仕上がりです。

Top image: © iStock.com/AMzPhoto, TABI LABO
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
フォトスタイリストの窪田千紘さん。著書『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』のなかでこんなアドバイスを送ってくれてい...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
ファインアーティストのFredrik Raddumによるブロンズ像。私の勝手なイメージかもしれないけど、ブロンズ像ってこう「ビシッ!」と決まっていものだと...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
教授の神対応によって、多くの人に笑いを届ける出来事となりました。
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!