Twitterで政府と市民が意見交換!とあるスペインの町長の取り組みがすごい…

政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、リアルタイムで意見交換するような場面も当たり前になりました。

しかし、具体的なアクションにつながるのか? と聞かれるとまだまだという感も否めません。

ブログメディア「Medium」に投稿されたMIT Media LaboのDeb Roy氏と、William Powers氏によるレポートでは、スペイン・アンダルシア州にある小さな町、フーンの町長が実践した新しい取り組みが紹介されています。

なんと、住民から政府へ、Twitterで具体的な「依頼」を行えるシステムをつくってしまったのだとか。

町民のみなさん、
Twitterに登録を!

José Antonio Rodríguez Salas町長は、テクノロジーの力で多くの問題を解決できると信じている人物。2011年に町民3,500人に対してTwitterのアカウントを取るようお願いし、町の問題解決に使っていくことにしました。

では、実際にどんなふうに使われているのか?こんな事例があるようです。

1.壊れた街灯を見つけた人が、町長にツイート。
2.10分後に町長から「翌日直します」との返信が。投稿には業者のアカウント名までが入っていました。
3.投稿を確認した業者は、ツイートを基に修理に対応。対応後には街灯の写真を撮り、業務完了を表すハッシュタグ「#JunGetsMoving」をつけて、その画像を投稿しました。

このシステムを取り入れる前までは、電話のやりとりだけで1日かかってしまうなんてこともあったようですが、時間だけではなくコスト面でも大きく改善されました。
さらに、過去には、町長が議会にネットを通じて参加したこともあるのだとか。

「まるで地域の新聞みたいだよ」
(町民談)

その他にも、事故の連絡や騒音問題をTwitterで警察へ通報することも可能になりました。

さらには、町のイベントの宣伝や、地元のスポーツチームのフォロー、病院の予約やご近所付き合いまで、生活のあらゆる場面でTwitterを利用することで、町全体の動きをリアルタイムで確認することができるのだそうです。

確かに、身近な地域の最新情報を常に確認することができるとなると、かなり便利ですよね。

日本でも千葉市が
同様の取り組みを開始中!?

実は千葉市でも同じような取り組みが行われているようです。同市ではスマホアプリ「ちばれぽ(ちば市民協働レポート)」を2014年の9月から本格的に導入。

補修が必要な設備を見つけた市民が、位置情報と写真付きのレポートを送信。市民と市役所が情報を共有し、修繕や課題解決にあたるシステムです。ページを見てみると、受付済み・対応中・対応済み、それぞれの件数がわかるようになっています。

千葉市によれば、街灯の電気切れの点検ひとつとっても、市民に頼ることで年間100万円単位のコスト削減を見込んでいるそう。


もちろん、報告のツイートは自由投稿のため、いろいろな課題が寄せられます。問題が“見える化”することで「対処しなければ」という心理が動き、対応件数が増える効果も。

行政活動におけるインターネットの利用は、まだまだ難しい点もたくさんあります。しかし、今後は市民と行政の間をつなぐような意見交換の場がネット上にあれば、もっといろんな解決への糸口が見つかりやすくなるかもしれません。

いま、日本の一部のTwitterユーザーが「#KimOhNo」というハッシュタグをつけて、自分が着ていたり持っていたりする着物の写真を投稿しています。中に...
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。閉鎖的な空間をイメージしがちですが、スペイン北部のエル・ドゥエソにあるソレは少し違うよう。
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
スペインの自治州エストレマドゥーラ州に2023年、スマートシティ「Elysium City」が誕生予定。1200ヘクタール(東京ドーム256個分)という広...
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
「Emoji Weather Japan」は、絵文字を使って、毎日天気予報を更新しているTwitterアカウント。1日4回、「朝」「午後」「晩」「夜」でツ...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
リラクゼーションを目的として建てられた「Glass House」。その名の通りガラス張りで、周辺に何もないからリラックスできます。スペイン南部に広がる砂漠...
「Mostoles Balompie」というスペインのサッカークラブが「Flat Earth FC」に改名しました。日本語にすれば、「地球平面FC」ってと...
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...