Twitterで政府と市民が意見交換!とあるスペインの町長の取り組みがすごい…

政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、リアルタイムで意見交換するような場面も当たり前になりました。

しかし、具体的なアクションにつながるのか? と聞かれるとまだまだという感も否めません。

ブログメディア「Medium」に投稿されたMIT Media LaboのDeb Roy氏と、William Powers氏によるレポートでは、スペイン・アンダルシア州にある小さな町、フーンの町長が実践した新しい取り組みが紹介されています。

なんと、住民から政府へ、Twitterで具体的な「依頼」を行えるシステムをつくってしまったのだとか。

町民のみなさん、
Twitterに登録を!

José Antonio Rodríguez Salas町長は、テクノロジーの力で多くの問題を解決できると信じている人物。2011年に町民3,500人に対してTwitterのアカウントを取るようお願いし、町の問題解決に使っていくことにしました。

では、実際にどんなふうに使われているのか?こんな事例があるようです。

1.壊れた街灯を見つけた人が、町長にツイート。
2.10分後に町長から「翌日直します」との返信が。投稿には業者のアカウント名までが入っていました。
3.投稿を確認した業者は、Tweetを基に修理に対応。対応後には街灯の写真を撮り、業務完了を表すハッシュタグ「#JunGetsMoving」をつけて、その画像を投稿しました。

このシステムを取り入れる前までは、電話のやりとりだけで1日かかってしまうなんてこともあったようですが、時間だけではなくコスト面でも大きく改善されました。
さらに、過去には、町長が議会にネットを通じて参加したこともあるのだとか。

「まるで地域の新聞みたいだよ」
(町民談)

A34e5f3c8c15d6146762e281506c7a1511b16fb4

その他にも、事故の連絡や騒音問題をTwitterで警察へ通報することも可能になりました。

さらには、町のイベントの宣伝や、地元のスポーツチームのフォロー、病院の予約やご近所付き合いまで、生活のあらゆる場面でTwitterを利用することで、町全体の動きをリアルタイムで確認することができるのだそうです。

確かに、身近な地域の最新情報を常に確認することができるとなると、かなり便利ですよね。

日本でも千葉市が
同様の取り組みを開始中!?

実は千葉市でも同じような取り組みが行われているようです。同市ではスマホアプリ「ちばれぽ(ちば市民協働レポート)」を2014年の9月から本格的に導入。

補修が必要な設備を見つけた市民が、位置情報と写真付きのレポートを送信。市民と市役所が情報を共有し、修繕や課題解決にあたるシステムです。ページを見てみると、受付済み・対応中・対応済み、それぞれの件数がわかるようになっています。

千葉市によれば、街灯の電気切れの点検ひとつとっても、市民に頼ることで年間100万円単位のコスト削減を見込んでいるそう。


もちろん、報告のツイートは自由投稿のため、いろいろな課題が寄せられます。問題が“見える化”することで「対処しなければ」という心理が動き、対応件数が増える効果も。

行政活動におけるインターネットの利用は、まだまだ難しい点もたくさんあります。しかし、今後は市民と行政の間をつなぐような意見交換の場がネット上にあれば、もっといろんな解決への糸口が見つかりやすくなるかもしれません。

ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」の人気イベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
先日、炊飯器が壊れたので、ある家電量販店へ修理を依頼しに行った。すると、修理費を見積るのに前金が必要で、もし、見積もりが高く、修理を中止にする場合は、預け...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
スペインのステーショナリーメーカーの〈MILAN(ミラン)〉。もともとは、手作り消しゴムの専業メーカーだったそうです。その消し心地は……!?
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...