「障害があっても私はキュート!」#disabledandcuteに溢れるセルフィーが話題

キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。

脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュート)」というハッシュタグをつけてTwitterに投稿している。

「私や他の障害者たちに力を与えるようなものをつくりたかったの」

ハッシュタグに込められたアイディアは、とてもシンプルで明快だ。キアさんの「みんなの自撮り写真を投稿して」という呼びかけに応えて、多くの障害者たちが自分自身の姿を#disabledandcuteに投稿をはじめた。

キュートという言葉を
取り戻したかった

これまで、SNSへの障害者の投稿は、自虐的なものも少なくはなかった。また、障害者への「キュートだね」という言葉は、相手に屈辱感を与えるという理由から避けられる。アメリカのようにオープンな社会でさえ、デリケートな問題として扱われる。

でも、キアさんは、違った。

「『キュート』っていう言葉を取り戻したかった。私たちがキュートと感じた時には、それを言葉にすることが大事だって思う」

やがて、様々な
発言のきっかけに

車椅子の人、手のない人、足のない人、盲目の人ーー。

様々な障害を持った人々が、次々にハッシュタグをつけて投稿している。そこには、自信に満ちあふれた発言が目立っていた。ふと、彼らの表情までもが、堂々としていることに気づく。キアさんのポジティブさが、影響を与えているに違いない。

車椅子のミュージシャンであるゲイリン・リーさんも、#disabledandcuteというハッシュタグで投稿している一人で、こんなツイートを残している。

「このハッシュタグには考えさせられたわ。
人間の美しさについて会話するのって好きじゃないんだけど…自分のありのままの姿を祝福するのって…素敵じゃない」

障害があっても
自分自身を肯定して欲しい

障害を持った一人の女性の英断は、インターネットを通じて多くの障害者に勇気を与えた。

#disabledandcuteというハッシュタグによって、障害者たちは自分たちのストーリーを語りだし、ありのままの自分自身の姿を祝福するようになったのだ。

「障害者だって幸せな人生を送るべき。私たちは愛される存在なのよ。障害があっても、自分自身の存在を肯定しながら生きて欲しい」

キアさんの願いは、静かなムーブメントになり、徐々に世界へと拡がりつつある。

Licensed material used with permission by Keah Brown
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...
いま、日本の一部のTwitterユーザーが「#KimOhNo」というハッシュタグをつけて、自分が着ていたり持っていたりする着物の写真を投稿しています。中に...
三脚メーカー「ベルボン」が、アウトドアブランド「Coleman」とコラボで開発した自撮り棒「コールマンセルフィー」シリーズ。アウトドアシーンに活かされるア...
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が期間限定で販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」は、ウイルス対策を標準化した“新しい生活様式の家”だ。
あらためて話題となっているのがゲーム障害だ。この問題は中国だけでなく、世界中で危惧されている。今年の5月には世界保険機関(WHO)がゲーム障害を“国際疾病...
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
セルフィー。日本語でいうと自撮り。自分ひとりの撮影だけじゃなく、友だちが集まった時も思わず撮りたくなっちゃいますよね。どうやらその気持ちは、猫も同じのよう...
マッサージ+ストレッチ+運動、3つの機能をすべてひとつにしたマッサージアイテム「バランスアップ」が、年末年始にたまった身体をコリを吹き飛ばす!?
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「Fahrenheit 88」内に、8月末オープンした「セルフィー・ミュージアム」。インスタ映えを狙ったス...
トロント大学の研究者らが、自撮りするだけで血圧を測定できる技術を開発。搭載された光学センサーが血液中を流れるヘモグロビンから赤色光をキャッチして、皮下のヘ...
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
「バーガーキング」は今年から、すでに支援していた男子チームと同じ条件、同じレベルで「スティーブニッジFCウィメンズ」も後押しすることを決定。手始めに「バー...
男性が女性をナンパをしているところを見かけることがあります。そんな状況にうんざりしたNoa Jansmaさんは、自撮りを通して、世の男性にあることを訴える...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
視覚障害を抱えるスケーターJustin Bishopさんがトリックを決められるように、イノベーションラボ「Not Impossible Labs」とオンラ...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
サインペンで書いた胸元のタトゥーに、近所で拾ってきた葉っぱのかぶりもの。娘・キャシーのセルフィーを忠実に再現してInstagramに投稿しているのは、父親...